出馬の動機

eb59161b.jpg 高槻市長選挙出馬表明記者発表(記者会見)(10月1日(金))で、吉田康人が次に述べたのは「出馬の動機」です。

 概略、次のとおりです。


<<出馬の動機

(1)私は、平成11年5月に高槻市議会議員に就任して以来これまで、選挙浪人中も含め、次の2つを政治目標に掲げ政治活動、選挙運動を行ってきました。①我が国の旧態依然とした政治システムを打破し、国民全体の利益を追求することができる新しいシステムを構築する、②大阪府高槻市における地方自治発により、その先鞭をつける。

(2)今、息が詰まるような閉塞感がこの国を覆っています。大きな原因の一つが政治・行政不信、政治家・公務員への不信感です。「なれあい・しがらみ」選挙を通じて政治家や役所の利益を守る政治家がたくさん生みだされたことが、政治・行政、経済、まちづくりの停滞を招いた主因であると、私は考えています。私達のまち高槻の地方政治・行政においても、こうした不信感を払拭し、市民へ希望と明るさをもたらす市政をつくることが急務です。

(3)私は、4年前の高槻市長選挙後いったんは、人材会社やリサーチ会社を経営しながら、あるいは、ひとりの高槻市民として、このまちやこの国へ貢献することをめざしました。しかし、旧態依然とした政治・行財政システムや「なれあい・しがらみ」選挙の実態を打破していこうとの全国的なうねりの中、「高槻でも新しい政治・行政システム、地域経済システム、そして、まちづくりシステムを築かねばならない」との志を捨てさることがどうしてもできませんでした。

(4)主要政党など多くの政治グループが主張しているように、「公務員改革」を実現して「官僚・公務員主導」の国政、地方自治を打破するためには、一つには、政治・行政の現在の仕組みを政治主導へと舵を切ることが必須です。ただし同時に、特に地方自治では、国政の与野党が相乗りし、かつ、長年続いた市役所中心行政を継続する候補者を労働組合など公務員組織がこぞって支援するという首長選挙の悪弊も改革しなければなりません。

(5)私達のまち高槻市では、過去40年以上にわたり、助役など市役所出身者が市長選挙へ出馬し、①自治労、②日教組、③市営バス労組、④部落解放同盟――がそれを中核となって支え、さらには、国政与野党がこれに相乗りをするという市長選挙が続けられてきました。これでは、政治・行政の仕組みをどれだけ改善しようとも、「市役所・公務員労組主導の地方行政」を改めることなどできません。

(6)私は、過去2回にわたり、(1)で申しあげた2つの政治目標を明確に掲げ、市長選挙で現職市長と戦ってきました。しかし残念ながら、いわゆる無党派層有権者の絶大なるご支持はいただくにも関わらず、国政与野党の相乗りを初めとする悪弊の壁をあと少しのところで打ちやぶることができませんでした(【別添】「過去2回の『高槻市長選挙』の結果」ご参照)。次回市長選挙も、現職市長は引退を先日表明しましたが、同市長の後継指名が既に行われ、高槻市役所サイドは過去40年間とほとんど同じ構図で市長選挙を戦おうとしていることが明らかになってきました。

(7)全国的に見れば、いわゆる「改革派」の首長が数多く誕生しています。上記悪弊を継続している私達のまち高槻でも、その流れに乗りおくれることなく、「市民全体のための政治・行政」と「地域主権」を制度だけでなく実質的なものとしたい。その思いで今回の出馬を決断した次第です。>>

「関西若手地方議員決起の会」の紹介

d4a989c5.jpg 前のログで予告させていただきましたとおり、吉田康人の高槻市長選挙出馬表明記者発表(記者会見)(10月1日(金))の内容を順次ご報告していきます。

 発表会見では、記者のかたがたへ御礼を申しあげ、配付資料確認の後、まず、ご同席くださいました寝屋川市議会議員・南部創さんのご紹介をいたしました。南部さんは同志のグループである「関西若手地方議員決起の会」代表幹事でもいらっしゃいます。

 実際は発表会見の後半の部分で行ったのですが、記者のかたがたへは「関西若手地方議員決起の会」を次のようにご説明しました。

 「関西若手地方議員決起の会」は平成14年に結成された関西の若手地方議員を中心とする超党派の政治グループです。「地方議員経験のある政治家を地方自治体首長や国会議員へ送りこんでいくこと」を主要な目的としています。現職議員40名ほどが在籍。高石市長・阪口しんろく氏、島本町長・川口ひろし氏、和泉市長・辻ひろみち氏、衆議院議員・森山ひろゆき氏もメンバーです。

 ああ、市役所陣営の諸君へ。

 上述した首長や議員へプレッシャーをお掛けにならぬよう(笑)。「決起の会」は統一して選挙運動する集団ではありません。同会メンバーだからといって、高槻市長選挙で吉田康人を応援することが決まっているわけでもありませんし強制もありません。みんなの党以外の政党に所属したり政党から応援してもらっている政治家も多数在籍しています。そういう会の成りたちですからプレッシャー自体、無意味な行為ですし時間の無駄です(笑)。

記者発表記事の重点を比較

aab94ca3.jpg 昨晩(木)は遅くまで会議。このため3時間ほどしか休めませんでしたが、今日(金)もがんばって早起きして駅に立ちました。さすがに眠かった(笑)。今朝は阪急富田駅前。

 温かいお声掛けをたくさんいただいて、フラフラな(=_=)ところ(笑)ずいぶん励まされました。特に、高槻市長選挙出馬表明記者発表の記事を新聞掲載していただいた10月2日(土)以降、こうしたお声掛けがより力強くなったのを感じています。ありがとうございます。

 さて、その記者発表についての新聞記事内容は10月2日・3日付「やすとログ」でご報告しました。実は、記者会見では、記事内容の何十倍にも及ぶことをお話し、また、資料もお配りさせていただきました。それを新聞記者のかたがたが、記事として適切なサイズにして、そして、わかりやすく簡潔にまとめて新聞に載せてくださったわけです。

 もちろん、吉田康人の発表内容のどこに重点を置いて記事にしてくださったかは、各社各様です。それを比較して見ることは、発表者本人にとって大変勉強になります。

 「朝日新聞」は、「生活者目線」という政治姿勢、そして、「事業仕分け」や「市長給与」といったマニフェスト(案)に重点を置いてくださいました。

 「産経新聞」は、「行政改革」や「医療行政」といった政策ビジョン。

 「毎日新聞」は、「しがらみ打破」、「市民のための地域主権」といった政治姿勢、そして、政策ビジョン「健康、医療の充実」。

 「読売新聞」も、政策ビジョン「健康・医療分野の充実」。「橋下知事府政との連携」についても重点が置かれていました。

 では、吉田康人は実際にはどのように述べ、あるいは、配付資料にはどのように書いたのか?。今日から「やすとロガー」のみなさんへ情報をご提供していきます。

牛鍋丼(2)

9fb38f78.jpg ご覧のとおり、1杯につき焼き豆腐が1個と決まっているらしい。豆腐すきなんだけどなぁ(笑)。

 政治の面でも、仕事の面でも、子育てでも最近、気忙しい。特に、子育ては、息子3人中2人の受験生を抱え、吉田康人が勉強するわけではもちろんありませんが(笑)、頭を使うことが多いのです。

 「何を食べようか?」すら考えるのがしんどい時、何か新しい食べ物にチャレンジするほどの食欲がない時、ふら~っとヨシギュウに立ちよってしまう。我ら「出張族」の習性の一つですね(笑)。

牛鍋丼(1)

cdbe810d.jpg 昨日(火)早朝から東京出張。仕事もまだまだがんばらねば「食って」いけない(笑)。

 ゆうべの夕飯に「食った」のは吉野家の「牛鍋丼」( http://www.yoshinoya.com/menu/don/gyunabedon.html )。もちろん、大盛(笑)。

 同社によると牛鍋は牛丼の起源とも言えるらしい。創業111周年記念、今日で約1ヶ月の新発売ですが1,000万食を既に突破したとのこと。

リーフレットやチラシでも情報発信

f182bbc0.jpg 新聞で報じていただくことはとてもありがたいことです。

 しかし、吉田康人自身で情報発信することがこれからどんどん重要になってきます。「やすとログ」などネットを通じての発信のほか、リーフレットやチラシなどによる広報活動は欠かせません。

 今日もその打ちあわせがあります。

 駅頭や街頭を中心に配布していきます。楽しみにしておいてくださいね♪。

読売新聞:記者発表関連記事

57552806.jpg 最後に、「読売新聞」です。ありがとうございました。

<<高槻市長選出馬 吉田元市議表明 みんなの党推薦

 来春の高槻市長選に、元同市議の吉田康人氏(46)が1日、無所属での立候補を表明した。3期目の奥本市長(76)が任期の切れる来年4月末で引退することを明らかにしており、市長選での出馬表明は初めて。

 記者会見で吉田氏は、「健康、医療分野の充実に取り組みたい。橋下知事の府政と連携した高槻市政の再構築が必要」と述べた。みんなの党の推薦を受ける。

 吉田氏は参院議員秘書などを経て、1999~2002年に同市議を務めた。同年の衆院選大阪10区補選、03、07年の同市長選に立候補したが、いずれも落選している。>>

毎日新聞:記者発表関連記事

2fc1d261.jpg 次に、「毎日新聞」です。ありがとうございます。

<<高槻市長選 吉田氏が出馬表明 「旧態依然の政治を打破」>>

 来春の統一地方選で実施予定の高槻市長選に、元同市議で政策コンサルティング会社役員、吉田康人氏(46)が1日、無所属での立候補を表明した。前回、前々回に続く出馬となる。みんなの党の推薦を受けた。

 高槻市内で会見した吉田氏は「旧態依然とした政治と行政のしがらみを打破し、市民のための地域主権を実現したい」と強調。健康・医療の充実を中心としたまちづくりを進める考えを示した。

 吉田氏は東京電力勤務、参院議員秘書を経て、99年に高槻市議に初当選した。02年の衆院大阪10区補選、03年と07年の同市長選に立候補し、いずれも敗れた。【八重樫裕一】>>

産経新聞:記者発表関連記事

171e94fd.jpg 次に、「産経新聞」です。ありがとうございます。

<<高槻市長選 吉田元市議が立候補表明

 任期満了に伴い来春の統一地方選で行われる予定の高槻市長選で、コンサルティング会社社長で元市議の新人、吉田康人氏(46)=写真=が1日、立候補の意思を表明した。無所属で出馬するが、みんなの党の推薦を受けているという。今回の市長選での出馬表明は初めて。吉田氏は3度目の挑戦となる。

 高槻市内で開いた会見で、吉田氏は「現市政は可もなく不可もない。変化の激しい時代では、財源の捻出や政治、行政の信頼回復を目指す必要がある」と述べ、財政や医療行政の改革に意欲をみせた。

 吉田氏は、同市出身で一橋大卒。会社員、同市議などを経て平成15、19年の市長選に立候補した。

 市長選では、現在3期目の奥本務市長が9月末、不出馬を表明している。>>

朝日新聞:記者発表関連記事

dff904d8.jpg 新聞各紙が「高槻市長選挙(平成23年4月24日(日)投・開票(予定) 吉田康人・出馬表明記者発表」を取りあげてくださいました。ご取材ありがとうございます。

 まずは、10月2日(土)付「朝日新聞」朝刊からです。

<<元市議の吉田氏 3度目挑戦表明 来春の高槻市長選

 来春の統一地方選で実施される予定の高槻市長選に、元同市議の吉田康人氏(46)が1日、無所属で立候補すると表明した。同市長選への正式な立候補表明は吉田氏が初めて。吉田氏は2003年と07年の市長選に立候補しており、3回目の挑戦になる。

 吉田氏はこの日の記者会見で、「生活者の目線で市民のための新しい市政をつくる」と述べ、市役所の事業仕分けや、市長給与の大幅縮減などを公約に掲げることを明らかにした。政党では、みんなの党が推薦を決めている。

 現職の奥本務氏(76)は立候補しないことを表明している。(清水謙司)>>

守口市議・生島けいじさんのブログで紹介

0cb5e6cb.jpg 前のログでお知らせしたとおり、昨日(金)14:00から高槻市役所において、「高槻市長選挙(平成23年4月24日(日)投・開票(予定) 吉田康人・出馬表明記者発表」を行いました。記者発表の内容につきましては、吉田康人からも追々、具体的にご報告していきます。

 まず、記者発表にご同席くださいました「関西若手地方議員決起の会」代表幹事で寝屋川市議会議員の南部創さんに厚く御礼申しあげます。そして、会見場の設営にご協力くださったボランティアの小林さん、ありがとうございました。

 「脱官僚!増税の前にやるべきことがある!みんなの党」とみんなの党を応援していて、「関西若手地方議員決起の会」の同志、生島けいじさんにはブログに早速掲載していただきました( http://blogs.yahoo.co.jp/ikushima0121/52873134.html )。

 以下、そのブログの記事を転載させていただきます。

<<こんにちは。本日10月1日、私の同志で友人の吉田康人 元高槻市議が、来春の高槻市長選挙へ三度目の挑戦の記者発表を行いました。

 高石市長・島本町長・和泉市長が誕生した関西若手地方議員決起の会を作られた吉田さんは、一橋大学を卒業後、東京電力に勤務、自民党参議院議員の政策秘書を務め、高槻市議1期、国政と市長に挑戦、来春は、橋下徹大阪府知事と連携をする渡辺喜美元金融・行革大臣のみんなの党推薦で高槻市長へ捲土重来を期します。

 高槻で荒ぶって下さい!誠実で包容力のあるマニフェストの吉田さん。本物の確かな人材です。応援します!

◆突破力!生島けいじホームページ◆
http://www.h4.dion.ne.jp/~ikushima

●にほんブログ村 政治家人気ランキング←クリックお願いします。
http://politics.blogmura.com/politician>>

本日(金)午後、出馬表明記者発表します。

9b1f52c2.jpg
aaea5db8.jpg
e1cfb6cf.jpg
 本日(金)14:00から高槻市役所において、「高槻市長選挙(平成23年4月24日(日)投・開票(予定) 吉田康人・出馬表明記者発表」を行います。

 取材してくださる北摂記者クラブ各社のみなさんへ厚く御礼申しあげます。

 ここまで支えてくださった同志のみなさん、支援者のみなさん、市民のみなさんへも重ねて御礼申しあげます。

 詳細報告はこの「やすとログ」でもさせていただきますね。

 それでは、行ってきま~す(^^)/。

八天堂くりぃむぱん

31676be8.jpg 「1個200円以下で食べられる日本一のクリームパン」を探す旅に出ています。

 旅には出ていませんが(笑)、探しているのはホントです(7月14日付「やすとログ」( http://yasutolog.com/201007.html )参照 )。

 最近、JR大阪駅構内でワゴン販売されていて気になっていた「八天堂( http://www.hattendo.jp/ )のくりぃむぱん」を初めて食べました。食べたのは「カスタード」。ほかのラインナップ、「小倉、抹茶、チョコ、生クリーム」は全て売りきれていました。1個200円するので2個だけ買って家族で分けて食べました。

 クリームは甘すぎず、いろんなテレビ番組で紹介されているだけあって絶妙の味。パンも美味しい。

 小倉、抹茶、チョコ、生クリームも食べて「総合評価」しなくちゃ(笑)。

平成22年大阪地区秋季実践倫理講演会2

1e13618a.jpg さすがに今回は、眠かった(笑)。

 「これではいかん」と開会前に外の空気を吸いに出ました。

 大阪城の天守閣が癒してくれているようでした(^_^.)。

平成22年大阪地区秋季実践倫理講演会1

f3e3b9d2.jpg 今週火曜日早朝は「平成22年 大阪地区秋季 実践倫理講演会」に参加しました。主催は社団法人実践倫理宏正会普及本部、後援は大阪府、大阪市、大阪府教育委員会、大阪市教育委員会です。最近は、「土曜日、日曜日は会場がなかなか押さえられない」とのことで、平日の開催が増えつつあります。

 会友はみな、朝5:00から行われる各地域での「朝起会」に参加してから、同講演会の会場である大阪城ホールへ向かいます。吉田康人は、前日深夜までの会議が既に予定されていたため、「朝起会」は勘弁してもらいました。それでも、未明3:30に寝て5:40に起きるという強行軍となりました。

 いつも申しあげることですが、開会予定時刻の30分前には約1万人の参加者全員が着席を終えているというのは素晴らしいと思います。

【投稿】しんさんの高槻市議会傍聴記(下)

6d6afe96.jpg 前のログの「しん」さん( http://mixi.jp/show_friend.pl?id=26274334 )による高槻市議会傍聴記の続編です。

 事実関係がより淡々と書かれています。だからこそリアリティがあります。

 以下、転載します。

<<高槻市議会 本会議2日目


10時30分から14時30分まで傍聴した。
まだ、議会は続いたが、仕事の都合で、退席した。

議員の欠席者2名
欠席理由については、私も約30分遅れての傍聴だったため報告されているかどうかは不明だった。

しかし、議員にも色々いると感じた。

まず、市議会議員の名前は、ほぼ知らない。
高槻市議会議員には、吉田さんが3人もいる。

議員の中でも、質問などは、PTA委員会と変わらない発言をする人がいる。
だからどうなん?と突っ込みを入れたくなる。
あまりに身近に感じることについて議論をするからだろうか。

あとは、高齢者の中でも、年配の方は、もう引退してもらいたい。
発言内容がよくわからない。
というのは、独り言に近いような発言や、近所の寄り合いで井戸端会議をしているような発言をする人もいる。
同じ議員からも「あんたの言っていることはよくわからん。」と突っ込まれていた。

法律の条文をよく読み、役人の資料を精査し内容をしっかり理解し、その上での質問であるべきではないかと思った。

これは、議会であり、税金から収入をもらっているということをしっかり認識してほしい。

私は、議案や認定事項について、一人ひとりの発言内容をメモし、その内容中知らない事については、調べてみた。
内容については長くなるので、詳しくは触れないことにするが、近所の道路整備や、大阪広域水道企業団、今城塚古墳公園、萩谷総合運動公園、学校の耐震工事などだった。

今回、気になった議員は北岡さんと、二木さんだ。
発言内容の理路整然としたところや、指摘の的確さ。
また、しっかりとした意見を持っている。

役人の返答は、用意された書類を読むだけで、それ以外のことは、ほぼ発言しない。
具体的に述べてほしいと質問しても、結局同じ事を繰り返して、答えるだけ。

どうやら、議員は2回の質問と、1回の意見表明をすることが、慣例らしい。
つまり、議員1人について、1つの議案で3回の発言しか出来ない。
1回の発言で、質問はいくつも出来る。
1回目の発言で質問をして、2回目の発言の質問でさらに突っ込んでも同じ答えが返ってきた場合、それ以上は突っ込んでも仕方が無いのか、3回目の発言は意見表明となる。
意見表明とは、議員自身の意見だ。

まあ、議会傍聴2回目なので、これから、どんどん注目したい。

今回、私がいる間の、午後2時過ぎに昼寝する人がいるかなと思い、議員を見渡したが、上手に寝ているのか居眠り議員はいなかったようだ。

これは救いだった。

相変わらず、インターンの若者がいたが、彼、彼女たちは何者なのか疑問が残る。

次は委員会が14日にあるので、それも参加したい。>>

【投稿】しんさんの高槻市議会傍聴記(上)

6961060c.jpg マイミクの「しん」さん( http://mixi.jp/show_friend.pl?id=26274334 )の議会傍聴についてのミクシィ日記が面白かった。ご本人にご許可いただいて転載させていただきます(タイトルはいつもどおり「【投稿】」)。

  議会の傍聴記にはいろんな書きかたをしたものがあります。特定の発言や場面を痛烈に攻撃したもの、自らの思想、意見の立場からのコメント・・。しかし、書き手が熱い書きかたをすればするほど読者は冷ややかに読んでしまうという一面もあります。

  「しん」さんの高槻市議会傍聴記は事実を淡々と書いてくださっている。だからこそ逆に、インパクトがあります。市議会議員経験のある吉田康人から見ても、そのリアリティにゾクゾクとする傍聴記になっています。

  以下、転載します。

<<高槻市 平成22年第4回定例会審議の本会議の傍聴に行きました。


 朝10時から市議会があったので、どんなものかな?と思い傍聴にいってきた。

 受付で、住所と氏名を記入し、傍聴券と注意事項、日程表と、議事日程をもらい会議場へ。

 注意事項は、携帯電話のマナー、飲食の禁止、許可の無い撮影・録音の禁止、大声での私語の禁止くらいだ。

 学生?と思しき若者が、約10人。私と、一般の大人が3名。計約14名が傍聴していた。

 その学生と思しき男女は、インターン○○?(正確には何とかかれているのか忘れた。)と書かれた身分証のようなものを首からぶら下げていた。 市議会議員と話をしていたので、おそらくは関係者なのではないかと思われる。

 議員は、35名全員出席で、開会された。

 恥ずかしながら、市議会議員の人数なんて、知らなかったし、会派も知らなかった。

 今回、1部の議案を除き、議事提案の説明であったため、野次も無く粛々と進行し、12時に終了。

 議会に関心を持つなんて、今まで無かった。

 そして、傍聴席は78席あるのに、参加者は十数名と少ないことに驚いた。

 自分も含め議会に関心を持つなんて、そんなに無いのかな?なんて感じた。

 傍聴者には、資料の配布が無いので、(議事の題名は議事日程に記載されているが)内容はいまいち、わからずじまい。

 おそらくは、市議会のホームページを見れば載っているであろう。

 個人的に言えば、今回市議会の傍聴をして、学生で、暇があるなら、ぜひ議会の傍聴に参加してみるとよいと感じた。

 誰でも気軽に傍聴でき注意事項はあるものの、生の議論が味わえる。 身近な話題から入ったほうがよいであろうし市議会はうってつけ。

 近所の公園の整備やら、○○町の道路の整備、市バスの運行、健康保険の特別会計補正予算など頭の中に具体的なイメージとして、残るからだ。 そして、議論は、質問事項の文章の構成や、意見の申し立ての仕方、議論についての着眼点を学べる。

 就職活動をするなら、NPO活動か、議会や裁判の傍聴など、お金をかけずに身近に社会と接し、勉強できる場所にも足を運んでみてはどうか。 次回10日に本会議2日目質疑応答も傍聴する予定だ。

  もし、同じ市に住んでいて興味があるなら、私と一緒に傍聴してみてはどうだろうか。>>

再び、「来来亭」高槻郡家店(5)

5e60ba06.jpg トミカのタウン・シリーズのような(笑)店の構えもいいですね。

 近所に楽しめるお店ができてよかった。

再び、「来来亭」高槻郡家店(4)

042b775b.jpg
ac4c4edb.jpg
 NHKテレビで紹介されただけのことはあってさすがに、お客さま応対も直線的で好感が持てます。

 麺の堅さやスープの濃さなどカスタマイズも含め、複雑な注文をメモなしで受けるのには感心します。

 サービスを見るだけで充分楽しめます(笑)。

再び、「来来亭」高槻郡家店(3)

1b6f09c8.jpg
0f56d333.jpg
 今回は、「チャーシュー麺・ラーメン大盛・麺堅め・背脂多め・チャーシュー<半分脂身、半分赤み>・情熱(笑)」をいただきました。半分まで食べたところで「おろしニンニク」をこんもりと入れました。ホント、こんもりと(笑)。

 やはり翌朝まで、体中がニンニク臭くなっていました(笑)。

 こんな食べかたをする人はあまりいないと思います(笑)。
カテゴリ別アーカイブ