桜はなくても笑顔は続く。小林地域でも「お花見」

今週火曜日は小林地域でお花見。

葉桜「満開」の中で2本だけ、恐らく異なる種類の、桜の木が咲き誇っていました。

この地域は行政からの委託事業「高齢者食事サービス」の一環でお花見。同じお花見でも地域によって位置付けも事業主体も異なります。

来年度はすべての地域でこれを補助事業へと変えます。地域(小学校区)の「見守り」、受益者負担、地域活動の民主的運営、地域の自主財源、・・。

行政的な課題は尽きませんが、目指すところは「みまもり、はなしあい、ささえあい」のまちづくり。地域の一致協力を期待し主導していきます。



キックベース、少年野球も新シーズン到来。平成30年度春季大会合同開会式

大正区少年軟式野球連盟、同女子キックベースボール連盟がそれぞれ主催する春季大会の開会式が4月8日(日)、泉尾公園グランドで執り行われました。毎日新聞社がご後援くださっています。

新チームにとって初の公式戦。

指導者や保護者への感謝の気持ち、グランドに立てる喜びの気持ちを「がんばろう」に変えてしっかり戦ってください。選手らは学校、地域のリーダーです。誇りに思います。













開校式挙行!。大正白稜高校

新年度を機に大正区内の大阪府立高校が統合され新しい高校が誕生しました。

大阪府立泉尾高等学校と同大正高等学校とが統合、同大正白稜高等学校が新たに設置されました。昨日(月)、同校開校式および第1回入学式が行われました。

「考え抜く力」「チームで働く力」「踏み出す力」「創造する力」の4つが白稜シップ。大正区役所は今年度、同校が進める「リーディング・スキル」「ものづくりの現場」「地域活動」「心のケア」を柱に同校との連携を進めていきたいと考えています。

大正白稜高の誕生によって区内中学校の進路指導へよい影響が及び大正区のこども達の学力向上のよいきっかけとなることを願います。







桜が散ったが「お花見」は続く。鶴町・三軒家東地域では夜の宴

八重桜など種類によってはまだ綺麗ですが桜吹雪でさえもう終わりました。

一方で、「お花見」という名の新年度を祝う宴はたけなわです。4月7日(土)は鶴町地域、翌8日(日)は三軒家東地域(こんどは町会中心で)のお花見に参席いたしました。

ちょっと脱線しましたけど・・(笑)。











私立園児の力で啓発。春の交通安全運動

春の全国交通安全運動。今年は4月6日(金)~15日、10日間の実施。大正区でも推進運動を行っています。吉田康人は推進本部長。

初日の朝、JR大正駅前でキャンペーン。社会福祉法人たらちね事業会・認定こども園ファミリーの園児のみなさんに先頭に立っていただきました。ありがとうございます。

啓発が必要なのは、どちらかと言うと、私達おとなのほう。この風景に慣れてしまっていますが、こどもの力を借りなきゃならない社会のありかたも見直していかな。

言わなきゃならんことを嫌われてもはっきり物申す区役所を今年度は目指します。

















学校もリフレッシュ!。小中学校入学式

学校支援の強化も大正区政運営の今年度の目玉です。

今年度から、従来の卒業式に加えて、区内市立小・中学校入学式にも全校、区役所幹部が出席することにしました。

吉田康人は、中学校は大阪市立大正西中、小学校は同泉尾東小の式に出席しました。

小・中生とも新入生はドキドキでしょう。その緊張感でおとなも気分一新です。











花より見守り。地域ごとお花見シーズン真っ只中

小学校区単位の各地域(区内10地域)にとって「お花見」は年間主要行事のひとつです。

区役所から区の社会福祉協議会への委託事業です。実際には各地域の高齢者食事サービス事業の委員会など地域住民の手づくりで行われています。

来年度は地域ごとの「まちづくり実行委員会」が主体の補助事業へこれを変える方針です。地域活動の自律性をさらに高めていきたいと願っています。

今年は開花が早かったため葉桜のもとではありますが、地域におけるご高齢者の見守りの貴重な場になっています。

4月3日(火)は三軒家東、泉尾東、平尾、5日(木)は三軒家西の各地域のお花見でご挨拶いたしました。











みなさんから愛されますよう。「大正区将来ビジョン2022」決定

毎月連載している「区民だより こんにちは大正」の「区長コラム」。今月4月号は大正区将来ビジョン2022」の決定をご報告しています。


「コラム」本文は下記画像よりお読み取りください。



今年度の目玉は「地域『丸ごと』システム」。「大正区事業・業務計画30」も公表

前のログの「大正区将来ビジョン2022」に基づいて平成30年度の年度計画「大正区事業・業務計画30」を策定、こちらも4月1日付けで公表しました。

【全容】


120を超える計画書のひとつひとつに、吉田康人との徹底議論を経た区役所幹部の思いが込められています。



区政運営をこう進めます。「大正区将来ビジョン2022」公表

平成30年度から向こう5年間にわたる区政運営の中長期計画に当たる「大正区将来ビジョン2022」を4月1日付けで公表しました。

【概要版】

【全文】

概要版は添付画像でご覧ください。全文のうち一部も画像を添付しました。





京都御所、京都御苑2(京都御所)

5f8c71e1.jpg

1bb50ef2.jpg

74105fec.jpg

ed279616.jpg

b7e4cf6f.jpg

69ff0895.jpg

9ea74f7d.jpg

7f9fe5ed.jpg

20df2b37.jpg

パノラマ写真は拡大してご覧ください。


京都御所、京都御苑1(京都御苑)

京都御苑にも立ち寄り京都御所も拝観してきました。

桜も庭園も綺麗でした。御苑はこどもの遊び場にもなっていました。











そめいよしの、やまざくら、しだれざくらが満開の二条城4(清流園)

ee97fc76.jpg

97dff246.jpg

b5fea646.jpg

51a124fa.jpg

c27eac7c.jpg

273cc660.jpg


そめいよしの、やまざくら、しだれざくらが満開の二条城3(桜の園)

ca5c04f8.jpg

d69defac.jpg

f8d03453.jpg

aaf8f319.jpg

24cc30e5.jpg

67696b47.jpg


そめいよしの、やまざくら、しだれざくらが満開の二条城2(本丸)

bde5711b.jpg

2fc24709.jpg

59284bee.jpg

a4c5a798.jpg

1e23042f.jpg

051d3c16.jpg

5b302cea.jpg

d4e18a0b.jpg

a1223c2b.jpg

90309517.jpg


そめいよしの、やまざくら、しだれざくらが満開の二条城1(二の丸)

明日(日)から新しい年度。丸一日のお休みを久々にいただいて気持ちの切り替えをいたしました。

元離宮二条城(京都市中京区)。お花見の観光客で賑わっていました。





















カレー!。続・泉尾東地域高齢者食事サービス

1月16日(火)(2月2日付「やすとログ」( http://log.yoshidayasuto.jp/archives/5495105.html ))に続き、泉尾東地域の高齢者食事サービスの現場にお邪魔してきました。

毎月第4火曜日はカレー(と自家製野菜)。吉田康人の大好物です。毎月お邪魔してもいい(笑)。

吉田康人からご高齢者、そして、地域スタッフのみなさんへは、食サがご高齢者の見守りネットワークのひとつになっていることをご報告しました、区内で実際に起こった出来事を交えて。

ありがとうございます。

モクレンが美しい。








元気5倍でした。鶴町学園卒園式

私立の保育所、社会福祉法人鶴舟会「鶴町学園」の卒園式。

教育がしっかりなされていることがわかる卒園式でした。祝辞で園児らへも話しかけました。反応がよく、凄い集中力だと思いました。

園児はひとりひとり「大きくなったら」の夢を述べていました。みんなの夢をこれからも応援します。









卒業生は14名。三軒家西小卒業式

大正区で最も市街地にある大阪市立三軒家西小学校。今後は年々増えていきますが今年の卒業生は14名。文字どおり「とかいなか」の小学校の典型。大阪市内では珍しくはありません。

小規模校の利点を存分に享受したこども達が今年も元気に巣立ちました。

大正区北部の学校配置をどうするかを決めるのは区担当教育次長(区長)の役割。教育委員会事務局担当部署と区役所担当部署との見解の一致は今のところ見ておりません。両者の意見をよく聞き、経緯や実情を踏まえ適切なタイミングで役割を果たしていきます。







ホントに凄かった!。劇団四季「オペラ座の怪人」

長年の悲願(笑)、劇団四季「オペラ座の怪人」を見てきました。京都駅ビル内、京都劇場で。

米英映画「オペラ座の怪人」(2004年。ジョエル・シュマッカー監督)は数年前にレンタルで見ました。ミュージカルでは初めてです。

同ミュージカルのキャッチフレーズ「劇団四季のオペラ座の怪人は凄いらしい。」はとても有名です。

ホントに凄かった!。

強烈な演出が続きドキドキの収まる余裕がありませんでした。怪人は「オペラ座の怪人」というだけで役の氏名がないんですね。でも、カーテンコールでは、最高の拍手を浴びていました。

「レ・ミゼラブル」(2006年1月「やすとログ」( http://www.yasutolog.com/200601.html )参照)と同様、何年かごとに繰り返して見たいミュージカルです。



カテゴリ別アーカイブ