少年野球チームも活躍。三軒家東地域防災訓練2(三東ベアーズ)

少年野球チーム「三東ベアーズ」の選手らも練習を中断して訓練に参加してくれました。

三東ベアーズと言えば、昨年のプロ野球ドラフト会議でDeNAから3位指名を受けた阪口皓亮投手(大阪市立三軒家東小学校→同大正東中学校(中学校時代は大正ボーイズ所属)→北海高等学校)を輩出したチームです。

飲料水の配給訓練は新しい試みでよかったと思います。



















少年野球チームも活躍。三軒家東地域防災訓練1(地域本部)

「やすとログ」は昨年11月26日(日)に戻ります。三軒家東地域の防災訓練に参加、ご挨拶いたしました。大阪市立三軒家東小学校で。

地域役員のみなさんにはここでも意識高くがんばっていただいています。ありがとうございます。





















新年会ラッシュ!

年頭から各地縁・地域活動団体などの新年会へお邪魔しています。

区長になってからは6年目の新年会ラッシュでスケジュール管理には余念がありません。ただ、今年は、成人の日が早く来たなど暦の問題もあって、ハシゴはしていますが物理的に無理があります(笑)。

吉村洋文市長の念頭訓示、吉田康人の訓示、そして、「今年は高齢者、こどものみまもりに力点」など私からのメッセージの内容はこの「やすとログ」でできるだけオープンにしていきたいと計画しています。

写真はトップバッターの泉尾北地域新年互礼会会。熱唱しました(笑)。



「みんなで守る仕組み」。平成30年大正区成人式「区長式辞」

昨日(月・祝)開催した「平成30年大正区成人式」で、吉田康人から新成人への「区長式辞」の概要は次のとおりです。

 

~~~~~

 

■ご挨拶

 

みなさん、おめでとうございます。大正区長の吉田康人でございます。

 

主催者、ご来賓各位、大正区民を代表して、新成人、ならびに、保護者、関係者のみなさんへお慶び申し上げます。

 

そして、本日の「平成30年 大正区成人式」をともに主催してくださっている「成人の日のつどい」運営委員会のかたがたへ厚く御礼申しあげます。ありがとうございます。

 

改めまして、新成人のみなさん、おめでとうございます。お気持ちはいかがでしょうか?。

 

みなさんが今日、大正区役所に足を運んでくださったのには、「この式典へ出てけじめを付けよう」、「この後のアトラクションが楽しみだ」、あるいは、「お友達と久々に会えるかな」など、各人各様の思いがあったものと存じます。いずれにしても、新成人のみなさんと盛大な式典を催せることを大変嬉しく感じております。

 

■「日本国憲法」前文

 

さて、「区役所で成人式をやる」ということが決まりますと「日本国憲法や選挙の啓発をしてくれ」、「まちづくりへの関心を高めてくれ」とのご意見をたくさんいただきます。

 

我が国憲法の前文には「平和を愛する諸国民の公正と信義を信頼して、私達の安全と生存を守ろうと決意した」と書かれてあります。

 

しかし逆に、「もし、平和を愛さず公正さも信義もない勢力によって私達の安全と生存が脅かされるようなことがあれば、どうするのか」、私達は突き詰めて考えておかねばなりません。

 

■横田めぐみさん

 

今から40年前、昭和521115日の夕方、中学校のクラブ活動の練習を終えた当時13歳の横田めぐみちゃんがいつもの時間になっても家に帰ってきませんでした。家族は必死に探しました。警察も、誘拐や事故などあらゆることを想定して、捜査を進めました。しかし、手掛かりが全く見つかりませんでした。

 

これは、ずっと後になって出てきた証言ですが、お父さんとお母さんが必死に探していた時、めぐみちゃんは、工作員に連れ去られ、40時間も、北朝鮮へ向かう船の真っ暗で寒い貨物置場に閉じ込められていました。めぐみちゃんは、「お母さん、お母さん」と泣き叫び出入口や壁などあちこちを引っ掻いたので、北朝鮮に着いた時には手の爪が剥がれそうになって血だらけでした。

 

めぐみちゃんがいなくなった日から家族の生活が全く変わりにぎやかだった食卓は火が消えたようになりました。お父さん、お母さんは「どうしてこんな悲しい目に遭うのだろう。もう死んでしまいたい」とも考えました。

 

同じ頃、北朝鮮による日本人拉致が数多く発生し、我が国政府が拉致被害者として認定している日本人は20名弱に上ります。

 

■「守られてきた側」から「守る側」へ

 

新成人のみなさん。みなさんは、今日を境に「守られてきた側」から「守る側」へ回ります。でも、どうやって守るんですか。

 

横田めぐみさんのような拉致被害者を取り戻しそういう被害が二度と起こらないように、日本国家としてみんなで守るしかないじゃないですか。

 

国内へ目を転じると、虐待を受ける児童、女性、障がい者、そして、ご高齢者の問題はどんどん深刻になっています。

 

こどもの貧しさ。カネやモノの貧困だけでなく心の貧しさの連鎖もそうです。

 

もはや、家庭、家族だけで解決できる状況ではなく、家庭、学校、社会が協力してみんなで守るしかありません。

 

大正区では昨年、区民のみなさんにも度重なる議論をしていただき、「大正区地域福祉ビジョン」をまとめました。みんなが安心して楽しく暮らせるまちを、みんなの力でつくりあげていく計画です。

 

今年は、その「ビジョン」に基づき、災害が起きた時、自力で逃げられないご高齢者、障がい者、妊婦さんの安全をまず確保するシステムを、地域ボランティアのかたがたと一緒になって、汗、水垂らしてつくっていきます。

 

「自分は大丈夫だ」と、無関心なかたもいらっしゃるかもしれません。しかし、私達はいずれ、体も心も衰えみんなに支えてもらうことになります。私達の家族、友人の中には既に、みんなに支えてもらっている人々もいるはずです。つまり、「おたがいさま」です。

 

■「みんなで守る」仕組み

 

自分ひとりの力では、国もまちも家庭も守れないし自分を守ることさえできません。

 

みんなで守るということは、みんなで役割分担して、そして、自分の代わりにやってくれる人を選んで任せるということでもあります。

 

その大きな仕組みをつくるのが、政治・行政であり、そして、選挙です。

 

新成人のみなさんには、是非、自分の愛する家族、友人、まちや国を「みんなで守る」この仕組みをしっかり理解していただき政治に参画し選挙へ行くことを、強くお願い申し上げます。

 

さらに、この壇上にいらっしゃるご来賓を先頭に自治会やまちのボランティアのみなさんが、どんだけがんばって、安心で楽しいまちをつくっているかについて、関心を是非持ってください。

 

■最後に

 

最後に、またひとつお願いがあります。

 

今日これから、お友達との懇親会があるかもしれません。そういうものが終わって家に帰ったら、みんなで守る仕組みの中心にいてみなさんの一番近いところでみなさんをいつも守り育ててきたお父さん、お母さんなど保護者のかたがたへ、ひと言でいいから「ありがとう」って言って差し上げてください。もし照れ臭かったら「ありがとう」のメモを渡すだけでも構いません。

 

本日は誠におめでとうございました。

 

~~~~~




平成30年大正区成人式2(アトラクション)

吉田康人は壇上でした。式典模様の写真は持っていません(汗)。私からの祝辞は後ほどアップいたします。

式典後のアトラクションは

・「大正区住みます芸人」のZUMA、
・「第9代大正区音楽振興大使」のパレス、そして、
・ビンゴゲーム

で盛り上がりました。

会場に落ち着きがなく申し訳なかったんですが、パレスのステージは完成度が高くよかった思います。リーダーのトークもメンバーのコメントもイケてました。

最後の写真は第25代天神天満花娘総代・西岡知衣子さん(向かって左側)とそのご友人(同右側。お名前をうかがいそびれました(汗))。若さに溢れ晴れやかでお綺麗でした。

みなさん、お疲れさまでした。ありがとうございました。





















平成30年大正区成人式1(澪標の鐘)

本日8日(月・祝)、大正区でも成人式を催しました( http://www.city.osaka.lg.jp/taisho/page/0000415996.html )。大正区役所・区民ホールで。

開式に先立ち、区役所屋上にある澪標(みおつくし)の鐘を新成人の代表者が二十歳に因んで20回打ち鳴らしました。













地域の底力。「まちづくり活動見本市」3(はなしあい)

大正区のこれからの地域活動の基本は「みまもりあい」「はなしあい」そして「ささえあい」です。

地域どうしがこのように情報交換、議論、つまり、「はなしあう」ようになると大正区の地域活動も新たなステージへ入ります。





















地域の底力。「まちづくり活動見本市」2(大正区10地域)

大阪市においては、「地域」という言葉で「小学校区単位の地域コミュニティ」を表す場合があります。連合町会・自治会のエリアにあたります。

大正区には10の「地域」があります。それぞれの地域でどのような活動をしているのかが添付写真のフリップでわかります。

「取り敢えず画像データでいいから区役所ホームページへアップするように」指示してあります。地域情報をスマホで見ている人も多いですからね。

指示が実現するまでは(汗)この画像でご確認ください。





















地域の底力。「まちづくり活動見本市」1(災害食)

大阪市において、小学校区単位の地域活動を委託、補助している準行政的地縁組織として「地域活動協議会(大正区では「地域まちづくり実行委員会」)」があります。

大正区役所・区民センターで12月2日(土)、同委員会による活動発表、情報交換の場「まちづくり活動見本市@大正区vol.5ーみんないっしょにー」が開催されました。大正区まちづくりセンターの主催。

まずは「たべよう」。災害食のランチ会です。



















回顧と展望。「こんにちは大正」平成30年1月号より

区民だより「こんにちは大正」平成30年1月号で「謹賀新年~回顧と展望~」と題して新年のご挨拶をしています。

本文が画像データの掲載になっており恐縮です。

今年一年、大正区を応援してくださいますようよろしくお願い申し上げます。ありがとうございます。



入団決定。「大正フロイデ」懇親・忘年会

12月23日(土・祝)、クリスマス・コンサートの後、大正区民合唱団「大正フロイデ」の懇親・忘年会にお招きいただきました。

新年1月5日(金)から大正フロイデの練習に参加することにさせていただきました。音符など全く読めない「カラオケど演歌オヤジ」吉田康人が熊本佳永先生のご指導でどこまでいけるか・・(汗)。

とにかく、やるからには全力投球です。





カルガモものんびり。新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。お健やかにお過ごしのことと拝察します。

初詣は芥川沿いの氏神さまである阿久刀神社。毎年恒例です。

ユリカモメの飛来は今日はありませんでした。カルガモの群れはいつもより大きかった。

弟夫妻、妻、長男夫妻、次男、三男とともに両親宅を訪ねました。一年がのんびりとゆっくりとスタートしました。















御用納めとトイレ掃除

12月28日の御用納め。6年連続で夜警回りで締め括りました。

主に小学校区単位の地縁団体(連合町会など)が夜警をこの日に行っています。その本部を警察署長・副署長、消防署長・副署長、区長・副区長が順に激励訪問します。

明けて29日、年末年始休みの初日は、朝起きしてアパートのお掃除。お掃除は吉田康人にとって、明日の大正、未来の大正についての作戦をじっくり練るとてもいい時間でもあります。

特に、抱き抱えるようにして便器を磨く(これ、得意技(笑))トイレ掃除では、多くのことを考え、多くのことを学びます。

大晦日の今日は単身赴任元・高槻の自宅でトイレ掃除。いつもは素手なんですが、指先のひび割れがここ数日酷く、ゴム手袋を着けてやりました。結果、納得いく作業ができず年明け、もう一回やることにしました。

最近のトイレは、ウォシュレットが着いているなど、形が複雑。ノズルを引き出したり見えない部分の汚れを確認し落としたりするには指先の感触は欠かせません。ゴム手袋の作業には無理があります。

指先ならではの絶妙、微妙な感触はきめの細かい行政に通じるものがあります。新しい年も現場感覚を忘れず区政改革を重ねます。よろしくお願い申し上げます。









クリスマス・イブ・イブの「大正区クリスマスコンサート」

ギリギリ滑り込みで「第13回大正区クリスマスコンサート」を拝見しました。一般社団法人大阪市コミュニティ協会大正区支部協議会主催。 

観客を喜ばせただけでなく、大正区のこどもらに演奏披露の機会を与えってくださったことへ感謝です。







T1ライブグランプリ2017ファイナル2(ライブ)

ファイナリストのステージの後、スペシャル・ライブとゲスト・ライブがありました。

・ヒサ絵(第7代大正区音楽振興大使)( https://ameblo.jp/hisako-0306/ )
・andRe(第8代大正区音楽振興大使)(

はさすがグランプリストのステージでした。追っかけファンらしいかたがたもご来場でした。

歴代大使のミュージシャンもしっかり応援していきます。


は恐らく大正区民ホール始まって以来の圧倒的ステージでした。吉田康人も度肝を抜かれました。

T1のステージを飾ったミュージシャンとしてこれからも世界を舞台にがんばっていただくよう応援します。





















T1ライブグランプリ2017ファイナル1(ファイナリスト)

12月17日付「やすとログ」( http://log.yoshidayasuto.jp/archives/5476908.html )で速報した「T1ライブグランプリ2017ファイナル」(於:大正区役所・大正区民ホール)。吉田康人は最前列、審査員席で応援していました。そこからの写真です。

いい音楽をつくりたい思いの若手ミュージシャンといいミュージシャンを世へ出したい思いのスタッフとが一体となったいいイベントでした。

予選を通過しファイナルに進んだミュージシャンは出場順(写真順)に、

・オオツエ、
・FRANK、
・今村光志、
・パレス(グランプリ獲得)
・大曽根クルール、そして、
・優希

です。

パレスは予選の時より一段上の気合いとパフォーマンスを見せてくれました。そこに込められた思いにも感動しました。









オオツエ


FRANK


今村光志


パレス


大曽根クルール


優希


ルンウキ!マーケット@平尾本通り商店街2(サンクスホール)

平尾サンクスホールでもミニ・ステージや工作のブース。


こじんまりとまとまった場所に人がひしめき、また、商店街のステージとも連携が取れていて、いい感じでした。




















ルンウキ!マーケット@平尾本通り商店街1(商店街)

中泉尾小学校から平尾本通り商店街へ。3度目か4度目となります。「ルンウキ!マーケット」(8月21日付「やすとログ」( http://log.yoshidayasuto.jp/archives/5424342.html )参照)を拝見してきました。

和太鼓グループ・円陣のステージなど商店街内での各パフォーマンスで賑わいました。













みぃいった中泉尾地域のお餅つき

泉尾北地域から大阪市立中泉尾小学校へ。同地域の餅つき大会に参加、ご挨拶してきました。

お父さん、お母さんなど地域の若手世代がつき手の主力でした。手洗いなど衛生面に気を特に遣っていたのも特徴的。

吉田康人もここではかなりつかせていただきました。タイミングが年々遅くなっているように感じるのですが、火曜日頃から「みがいり」(大阪・関西弁)ました。











モーニング・サービスでつながる。泉尾北の高齢者見守りと子育て支援

12月17日(日)は泉尾北地域からスタート。同一場所でモーニング・サービスと子育てサロンとを開催しておられました。

吉田康人も100円でモーニングをいただきました。大先輩がたと楽しくお話しできました。

一方では、子育てサロンも。地域のサロン・スタッフからの「こどもを見とくから食べてきぃ」とのお声掛けで隣りのモーニング・サービスへ来る若いお父さん、お母さん。

子育てから10分でも20分でも解放してあげることも素敵な子育て支援ですね。













カテゴリ別アーカイブ