T1ライブグランプリ2017ファイナル2(ライブ)

ファイナリストのステージの後、スペシャル・ライブとゲスト・ライブがありました。

・ヒサ絵(第7代大正区音楽振興大使)( https://ameblo.jp/hisako-0306/ )
・andRe(第8代大正区音楽振興大使)(

はさすがグランプリストのステージでした。追っかけファンらしいかたがたもご来場でした。

歴代大使のミュージシャンもしっかり応援していきます。


は恐らく大正区民ホール始まって以来の圧倒的ステージでした。吉田康人も度肝を抜かれました。

T1のステージを飾ったミュージシャンとしてこれからも世界を舞台にがんばっていただくよう応援します。





















T1ライブグランプリ2017ファイナル1(ファイナリスト)

12月17日付「やすとログ」( http://log.yoshidayasuto.jp/archives/5476908.html )で速報した「T1ライブグランプリ2017ファイナル」(於:大正区役所・大正区民ホール)。吉田康人は最前列、審査員席で応援していました。そこからの写真です。

いい音楽をつくりたい思いの若手ミュージシャンといいミュージシャンを世へ出したい思いのスタッフとが一体となったいいイベントでした。

予選を通過しファイナルに進んだミュージシャンは出場順(写真順)に、

・オオツエ、
・FRANK、
・今村光志、
・パレス(グランプリ獲得)
・大曽根クルール、そして、
・優希

です。

パレスは予選の時より一段上の気合いとパフォーマンスを見せてくれました。そこに込められた思いにも感動しました。









オオツエ


FRANK


今村光志


パレス


大曽根クルール


優希


ルンウキ!マーケット@平尾本通り商店街2(サンクスホール)

平尾サンクスホールでもミニ・ステージや工作のブース。


こじんまりとまとまった場所に人がひしめき、また、商店街のステージとも連携が取れていて、いい感じでした。




















ルンウキ!マーケット@平尾本通り商店街1(商店街)

中泉尾小学校から平尾本通り商店街へ。3度目か4度目となります。「ルンウキ!マーケット」(8月21日付「やすとログ」( http://log.yoshidayasuto.jp/archives/5424342.html )参照)を拝見してきました。

和太鼓グループ・円陣のステージなど商店街内での各パフォーマンスで賑わいました。













みぃいった中泉尾地域のお餅つき

泉尾北地域から大阪市立中泉尾小学校へ。同地域の餅つき大会に参加、ご挨拶してきました。

お父さん、お母さんなど地域の若手世代がつき手の主力でした。手洗いなど衛生面に気を特に遣っていたのも特徴的。

吉田康人もここではかなりつかせていただきました。タイミングが年々遅くなっているように感じるのですが、火曜日頃から「みがいり」(大阪・関西弁)ました。











モーニング・サービスでつながる。泉尾北の高齢者見守りと子育て支援

12月17日(日)は泉尾北地域からスタート。同一場所でモーニング・サービスと子育てサロンとを開催しておられました。

吉田康人も100円でモーニングをいただきました。大先輩がたと楽しくお話しできました。

一方では、子育てサロンも。地域のサロン・スタッフからの「こどもを見とくから食べてきぃ」とのお声掛けで隣りのモーニング・サービスへ来る若いお父さん、お母さん。

子育てから10分でも20分でも解放してあげることも素敵な子育て支援ですね。













京都でも盛り上がる歌舞伎。中村芝翫襲名披露

京の年中行事とも言われる「當る戌歳 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎」( http://www.kabuki-bito.jp/sp/news/4433 )を観劇しました。松竹株式会社の主催、製作。ロームシアター京都で。

中村橋之助改め8代目中村芝翫襲名披露公演でもありました。演目は次のとおり。

一、良弁杉由来
一、俄獅子
一、人情噺文七元結
一、大江山酒呑童子

4つも見られてありがたかったです。芝翫の好演も光りました。

吉田康人的には、「良弁杉由来」で我が子を探し続ける老婆の痛々しいほどのか弱さが最も印象的でした。坂田藤十郎の名演、素晴らしかった。











忘年会ラッシュ!。女性会はお洒落なル・センティフォーリアで

総会的要素が強いもの、懇親的なものなど様々ですが、忘年会ラッシュの時季です。体は大丈夫です。スケジュール調整がなかなか・・。

大正区女性団体協議会の忘年会はル・センティフォーリア天保山(港区)で。お洒落な結婚式場です。

メイン・パーティー会場を見学させていただきました。忘年会は別の部屋だったんですが、そこも白の色調と吹き抜けとが印象的でした。







太陽光モニターはいい。泉尾東小

大阪市立泉尾東小学校でのピンク・サポーター(笑)。同校のホームページhttp://swa.city-osaka.ed.jp/swas/index.php?id=e581211 )でご紹介いただきました。

校門を入って直ぐのエントランスの壁に太陽光発電専用モニターがあります。思い出の写真を映し出すことができます。

選手名は失念しましたが、阪神タイガースのトップ選手が来校してこどもらを指導してくださった時の模様を拝見しました。










「ピンク・サポーター」、朝の北恩加島小へ

小・中学校で行われている朝の校門指導に参加しています。朝イチから市役所へ行かねばならない曜日もあるため、週に2校ペース。

昨日は大阪市立北恩加島小学校(泉尾)でした。同校のホームページでも取り上げていただきました( http://swa.city-osaka.ed.jp/swas/index.php?id=e581213 )。

「おはよう!」。元気に挨拶していると児童のひとりから「ピンク・サポーター(?!)」と指さされました。「ピンクピン太郎」というパンダ・シャンシャンの呼称を朝のニュースで聞いた直後だっただけに驚きました。

ピンク、上野でも大正でもラッキー・カラー、いや、ラブリー・カラーです(笑)。



敬意と感謝。児玉千秋保護司の受勲

大正地区の保護司・児玉千秋さんの瑞宝双光章受章のお祝いの会にお招きいただきご挨拶いたしました。

児玉さんは帰命寺(平尾)ご住職。大阪市立大正中央中学校・平尾小学校で啓発講話もしてくださっています。

児玉さんのご受章は大正地区保護司会全体への社会的評価の象徴とも位置付けられます。おめでとうございました。





【速報】パレスに決定!。第9代大正区音楽振興大使

本日(日)開催した「T1ライブグランプリ2017ファイナル」(於:大正区役所・大正区民ホール)でダンスバンド「パレス」がグランプリを獲得しました。今後約1年間、第9代大正区音楽振興大使をお務めいただくことに決まりました。

おめでとうございます。そして、T1に携わってくださったみなさん、ありがとうございました。



少年少女が吟ずる。新大阪岳風会吟道大会

三軒家西小学校を出て、大正区コミュニティセンター(大正会館)へ。新大阪岳風会「青少年創立40周年記念吟道大会」に出席、ご挨拶いたしました。

詩吟の世界でも、こどもの時分からその道を歩んでいるかたがたがいらっしゃいます。組織的な育成も必要です。がんばってください。













こどもらも大喜び、三軒家西お餅つき3(まるまる)

ついたお餅をこどもらがまるめます。地域がまるまります。















校長先生も一緒にまるめてくださいました。




こどもらも大喜び、三軒家西お餅つき2(こどもも)

習慣、担い手、そして、衛生上の問題で地域でのお餅つきの機会がどんどん少なくなっています。工夫を凝らさないと伝統、文化が急速に萎んでしまう時代となりました。

伝統、文化を尊重することと郷土を愛することとは教育の基本目標のひとつです。「伝統を大切に」と言うだけではこども達へ教育することにはなりません。具体的に伝えていかないと。

教育的サポートへ区役所としても力を入れていきます。

校長先生も。














こどもらも大喜び、三軒家西お餅つき1(おとなも)

田中屋酒店から笑家の三軒家東地域忘年会へ抜けた夜が明けて先週日曜日は早朝から、三軒家西地域の餅つき大会。大阪市立三軒家西小学校で。

同地域役員・ボランティア・PTAのみなさん、そして、ほくとクリニック病院(三軒家西)職員のみなさんによりこどもらを迎える準備が進められました。

臼は3つ。






自家製の器材がいいですね。














ジョニー・マツウラ、南恩加島で激唱!

南恩加島公園を出て、同じく南恩加島の田中屋酒店へ。いっぱい飲みカウンター付きの店内全体がミニ・ライブ会場になっていました。大正区では知る人ぞ知るステージです。

いつもお世話になっているジョニー・マツウラさんの出演があるとのことで応援にいってきました。

数バンドが順に出演。ジョニーさんは永ちゃんをまさに激唱でした。大正区のエネルギーはここでも炸裂しています。



大阪市会議員・出雲てるひでさんからもエール。










地域も輝いた「なんおんキャンドルナイト」2(ハーモニカも)

吉田康人の到着前には合唱披露(大正フロイデ)もありました。点灯の後はハーモニカ演奏も。

鑑賞のみなさんだけでなく、地域活動の好事例として見学にこられた地縁・地域活動役員も多くいらっしゃいました。

キャンドルも地域も輝いていましたね。

















地域も輝いた「なんおんキャンドルナイト」1(キャンドル)

先週末も職員採用面接、キャンドルナイト、ミニライブ、忘年会、お餅つき、アパート大掃除→詩吟と走り抜きました。たくさんお声がけいただきありがたく思っています。

土曜日のお昼間は市役所缶詰めで職員採用面接。終了後直ちに、南恩加島公園(南恩加島)へ。南恩加島地域まちづくり実行委員会(地域活動協議会)主催「なんおんキャンドルナイト」を見学してきました。

まず、規模の大きさに驚きました。ひとつひとつのキャンドルが集まって公園一帯が光り輝いていました。南恩の文字やめがね橋、渡船も。ペットボトルや紙パックなどを利用した手づくりのキャンドルです。



















きらめきパーティー2017ー2(ブース)

各団体持ち寄りのブースが大正区ふれあい福祉センター館内にひしめき合って充実していました。






















カテゴリ別アーカイブ