快晴を超える熱気。2018年いずきたカーニバル4(ステージ)

ステージでも熱演が続きました。

「観客一体型」。これからのキー・コンセプトですね。

みなさん、お疲れさまでした。




















快晴を超える熱気。2018年いずきたカーニバル3(勧誘)

子ども会の各クラブは、紹介コーナーを設けバブリーダンスを踊り、積極的に勧誘していました。















快晴を超える熱気。2018年いずきたカーニバル2(屋内)

体育館の中でもこどもらの関心を呼ぶコーナーが。



















快晴を超える熱気。2018年いずきたカーニバル1(オープニング)

快晴の日曜日、昨年に続き(2017年4月23日付「やすとログ」( http://log.yoshidayasuto.jp/archives/5374528.html )参照)、「2018年いずきたカーニバル」に参加しました。

プロの目から見ると、役員改選の直後でもありいろんな意味で年度の立ち上げ期でもあるこの時季、「大変なご苦労のもとでの開催」と感心しています。

「しんどいけど、顔合わせにもなるしいい」との役員各位のお声が聞こえるのを嬉しく思います。

川上会長(まちづくり実行委員会、地域社協)のご挨拶と子ども会の演奏とで幕開けです。



















まもなくオープン、ガレージ大正。木幡計器製作所を訪問2(ブランド、プライド)

現行の行政区制度では、区内民間企業の活性化による区政運営への直接的利益はほとんどありません。区政の財源が増えるわけでもないし企業からのご寄付などにも様々な制約があります。

職員のかたがたのお給料が上がってもその一部が区政運営に直接還元されるかはそのかた次第です(笑)。地域雇用につながる可能性はありますがその担保はありません。こうした中、民間企業の活性化を区政運営にどう位置付けるか。

「大正区将来ビジョン2022」( http://www.city.osaka.lg.jp/taisho/cmsfiles/contents/0000431/431835/nakami.pdf )は、「大阪、日本の発展への貢献」を区政目標のひとつとして掲げました。その貢献の柱がものづくりであることは、大正区のブランドであり区民のプライドです。まちづくりには「背骨」、中心が不可欠です、住吉区の住吉大社のような。

行政区の長として、大正区におけるものづくり支援、ベンチャー育成支援へ全力を傾注していきます。区内事業社のみなさんの同様の志を木幡社長からうかがいました。一致協力してがんばっていきましょう!。











まもなくオープン、ガレージ大正。木幡計器製作所を訪問1(ガレージ大正)

今週末、「ガレージ大正」がオープンします( http://www.garage-taisho.jp/ )。IoT・ライフサイエンス系ベンチャーのものづくりをサポートするイノベーション創出支援施設です。

運営は、IoT分野や医療機器分野の製品開発を進める株式会社木幡計器製作所株式会社リバネスhttps://lne.st/ )、地域のものづくり企業、そして、他のスーパーファクトリー ( https://sfg.lne.st/ )と連携してスタートアップベンチャーの成長促進を支援します。

「ガレージ大正」の拠点である木幡計器製作所を訪ね代表取締役社長・木幡巌さんとディスカッションいたしました。大変有意義な時間でした。



















パレス、andREが岸和田でも活躍。岸和田お城まつり2(音楽振興大使)

観客の先頭で岸和田っ子も踊ってくれて大変盛り上がりました。

大正だけでなく大阪の音楽振興を引っ張ってくださるパレス、andREに大いに期待いたします。





















パレス、andREが岸和田でも活躍。岸和田お城まつり1(朝ドラ舞台)

「朝ドラ舞台地ネットワーク連絡会議」( http://asadora.jp/map/ )を通じて観光PR連携している岸和田市のお城まつりに参加しました。

大正区のPRブースをメイン会場に置かせていただきました。さらに、メイン・ステージでは第8代大正区音楽振興大使・andREと第9代大使・パレスが演奏を披露。吉田康人も「遊びにいらして」とご挨拶いたしました。





















桜はなくても笑顔は続く。小林地域でも「お花見」

今週火曜日は小林地域でお花見。

葉桜「満開」の中で2本だけ、恐らく異なる種類の、桜の木が咲き誇っていました。

この地域は行政からの委託事業「高齢者食事サービス」の一環でお花見。同じお花見でも地域によって位置付けも事業主体も異なります。

来年度はすべての地域でこれを補助事業へと変えます。地域(小学校区)の「見守り」、受益者負担、地域活動の民主的運営、地域の自主財源、・・。

行政的な課題は尽きませんが、目指すところは「みまもり、はなしあい、ささえあい」のまちづくり。地域の一致協力を期待し主導していきます。



キックベース、少年野球も新シーズン到来。平成30年度春季大会合同開会式

大正区少年軟式野球連盟、同女子キックベースボール連盟がそれぞれ主催する春季大会の開会式が4月8日(日)、泉尾公園グランドで執り行われました。毎日新聞社がご後援くださっています。

新チームにとって初の公式戦。

指導者や保護者への感謝の気持ち、グランドに立てる喜びの気持ちを「がんばろう」に変えてしっかり戦ってください。選手らは学校、地域のリーダーです。誇りに思います。













開校式挙行!。大正白稜高校

新年度を機に大正区内の大阪府立高校が統合され新しい高校が誕生しました。

大阪府立泉尾高等学校と同大正高等学校とが統合、同大正白稜高等学校が新たに設置されました。昨日(月)、同校開校式および第1回入学式が行われました。

「考え抜く力」「チームで働く力」「踏み出す力」「創造する力」の4つが白稜シップ。大正区役所は今年度、同校が進める「リーディング・スキル」「ものづくりの現場」「地域活動」「心のケア」を柱に同校との連携を進めていきたいと考えています。

大正白稜高の誕生によって区内中学校の進路指導へよい影響が及び大正区のこども達の学力向上のよいきっかけとなることを願います。







桜が散ったが「お花見」は続く。鶴町・三軒家東地域では夜の宴

八重桜など種類によってはまだ綺麗ですが桜吹雪でさえもう終わりました。

一方で、「お花見」という名の新年度を祝う宴はたけなわです。4月7日(土)は鶴町地域、翌8日(日)は三軒家東地域(こんどは町会中心で)のお花見に参席いたしました。

ちょっと脱線しましたけど・・(笑)。











私立園児の力で啓発。春の交通安全運動

春の全国交通安全運動。今年は4月6日(金)~15日、10日間の実施。大正区でも推進運動を行っています。吉田康人は推進本部長。

初日の朝、JR大正駅前でキャンペーン。社会福祉法人たらちね事業会・認定こども園ファミリーの園児のみなさんに先頭に立っていただきました。ありがとうございます。

啓発が必要なのは、どちらかと言うと、私達おとなのほう。この風景に慣れてしまっていますが、こどもの力を借りなきゃならない社会のありかたも見直していかな。

言わなきゃならんことを嫌われてもはっきり物申す区役所を今年度は目指します。

















学校もリフレッシュ!。小中学校入学式

学校支援の強化も大正区政運営の今年度の目玉です。

今年度から、従来の卒業式に加えて、区内市立小・中学校入学式にも全校、区役所幹部が出席することにしました。

吉田康人は、中学校は大阪市立大正西中、小学校は同泉尾東小の式に出席しました。

小・中生とも新入生はドキドキでしょう。その緊張感でおとなも気分一新です。











花より見守り。地域ごとお花見シーズン真っ只中

小学校区単位の各地域(区内10地域)にとって「お花見」は年間主要行事のひとつです。

区役所から区の社会福祉協議会への委託事業です。実際には各地域の高齢者食事サービス事業の委員会など地域住民の手づくりで行われています。

来年度は地域ごとの「まちづくり実行委員会」が主体の補助事業へこれを変える方針です。地域活動の自律性をさらに高めていきたいと願っています。

今年は開花が早かったため葉桜のもとではありますが、地域におけるご高齢者の見守りの貴重な場になっています。

4月3日(火)は三軒家東、泉尾東、平尾、5日(木)は三軒家西の各地域のお花見でご挨拶いたしました。











みなさんから愛されますよう。「大正区将来ビジョン2022」決定

毎月連載している「区民だより こんにちは大正」の「区長コラム」。今月4月号は大正区将来ビジョン2022」の決定をご報告しています。


「コラム」本文は下記画像よりお読み取りください。



今年度の目玉は「地域『丸ごと』システム」。「大正区事業・業務計画30」も公表

前のログの「大正区将来ビジョン2022」に基づいて平成30年度の年度計画「大正区事業・業務計画30」を策定、こちらも4月1日付けで公表しました。

【全容】


120を超える計画書のひとつひとつに、吉田康人との徹底議論を経た区役所幹部の思いが込められています。



区政運営をこう進めます。「大正区将来ビジョン2022」公表

平成30年度から向こう5年間にわたる区政運営の中長期計画に当たる「大正区将来ビジョン2022」を4月1日付けで公表しました。

【概要版】

【全文】

概要版は添付画像でご覧ください。全文のうち一部も画像を添付しました。





京都御所、京都御苑2(京都御所)

5f8c71e1.jpg

1bb50ef2.jpg

74105fec.jpg

ed279616.jpg

b7e4cf6f.jpg

69ff0895.jpg

9ea74f7d.jpg

7f9fe5ed.jpg

20df2b37.jpg

パノラマ写真は拡大してご覧ください。


京都御所、京都御苑1(京都御苑)

京都御苑にも立ち寄り京都御所も拝観してきました。

桜も庭園も綺麗でした。御苑はこどもの遊び場にもなっていました。











カテゴリ別アーカイブ