2010年12月

同志らとともに歴史的転換の渦へ

fd1ceeba.jpg 前のログの最終講義受講者による記念撮影。

 この国を変える志とエネルギーはここにこそあります。

 来年、同志らとともに歴史的転換の渦へ突入していきます。

 「やすとロガー」のみなさん、一年間お世話になりました。来年も引きつづきよろしくお願い申しあげます<(_ _)>。

政治家天命講座第5期最終講義(4)

48b5ec19.jpg 吉田康人はこれで、政治家天命講座を晴れて卒塾となりました。今後は、塾士補として、来年8月の「国是議会」で塾士に認定されることをめざします。

 「天下を取って、日本を変え、人類を救う」との志を定めこれに命を懸ける。公務以外の優先順位の第一を塾の活動および運営に置きこれを担当する。林英臣政経塾とともに「狂挙」に生きぬく。こうした誓いのもと塾士認定へ挑みます。

 同志のみなさんに心から感謝申しあげます。ありがとうございます。

政治家天命講座第5期最終講義(3)

902645cf.jpg 最終講義のテーマは「中期計画、年間計画の各自発表と相互アドバイス」。

 すべての5期生が来年以降6年間にわたる中期計画、および、来年1年間の年間計画を塾長、塾頭、塾士、塾員の前でプレゼン、それに対するコメントを受けました。ほぼ全員が政治家、しかも、志高く、情熱で熱くなっている政治家の前での発表ですので、発表者にとっては「修羅場」です(笑)。

 各プレゼン・コメントを締めくくるのは林英臣塾長(写真)。私達塾生へのすべてを懸けたコメントの一つ一つに感動、感激の連続でした。林先生に師事して良かったと天に感謝しています。

政治家天命講座第5期最終講義(2)

9c3e5e95.jpg ここで改めて、林英臣政経塾「建塾の精神」をお伝えします。

~~~~~

林英臣政経塾 建塾の精神

 林英臣政経塾の目的は、

 現代文明を超える共生文明の創造と、その先駆けとなるよう日本を改新することにある。

 我々はその担い手となって、一回限りの人生を歴史の大舞台に上げ、"狂拳"に生き抜くことを誓い合うものである。

<林英臣政経塾 五誓>

一、経世立志の事

 周りを変えたいなら自分を変えよ!自分を変えたいなら意識を変えよ!意識を変えたいなら確固たる志を立てよ!今我々は、文明維新と日本改新を担うべく、その先頭に雄々しく立ったのである。

一、熱意発憤の事

 熱い人間となれ!冷たければ何も成すことなく終わってしまう。そして、世の不条理に怒れ!現状に満足するな!天下に対する憤懣こそ、立志の源泉となるのである。

一、滅私大欲の事

 私利私欲を捨てよ!特に金銭には廉潔であれ!名利にとらわれたら俗物に落ち、志士にはなれず改革もできない。地位や名誉は結果として天から与えられるものに過ぎない。我々は超然として、国家国民を救う大欲に生きよう。

一、大局大器の事

 こせこせ小さくまとまるな!大宇宙を呼吸し、もっともっと大きく生きよ!世界を、日本を、我が事と思って心配しよう。歴史を学んで先人の無念を受け継ぎ、子孫には勇気と誇りを与える生きざまを残そうではないか!

一、同志団結の事

 同志の活躍を心から喜べ!決して妬むな!もし悔しければ、その想いの力を自己成長に振り向けよう。事は一人から起こるが、一人では進まない。己が器量を磨き、仲間を応援すれば、道は必ず開けるものである。

~~~~~

 この「建塾の精神」は毎月の例会の冒頭、塾長、塾頭を筆頭に全員で唱和します。

政治家天命講座第5期最終講義(1)

9db254a2.jpg 「やすとログ」でもご報告してきた「林英臣政経塾政治家天命講座」( http://www.hayashi-hideomi.com/seikeijuku/tenmei.html )。吉田康人が塾生として参加してきた第5期の講座が一昨日、昨日で最終講義を迎えました。

 場所はホテル本能寺。ここに、関東講座、関西講座、そして、九州講座の塾生が勢揃いしました。写真は同ホテル真正面にある京都市役所です。

新快速でおにぎり

41713216.jpg 昨晩から政治家天命講座(後述)の修了講義。講義開始は13時だったのですが前夜は未明まで朦朧となりながら(笑)原稿書き。当日は同志選挙マニフェストのお手伝いと各方面からの電話「攻勢」(笑)とで時間が押し自宅事務所を慌てて飛びだしました。

 講義をちゃんと受けるためにはお昼をどうしても食べておかねぱならない。比較的空いていたし座れたので新快速でおにぎりをいただきました。車内モラルが問われるところではありましたが(笑)のどかな駅弁モードで嬉しくもありました。

歩いて、歩いて、歩き続ける。

5766fe53.jpg
bf85daea.jpg
 歩いて、歩いて、歩き続ける。これも政治活動、選挙運動の基本の一つです。

 数日前は田畑の畦道を歩きました。予め企画していたわけではないのですが何となくの流れで、農作業中のかたがたと小屋の中で政治談議を始めました。

 「経済やくらしが停滞しているその根本原因は政治・行政にある」から始まり、高槻市営バスのありかた、高齢者と高槻の農地との関わりなど、短時間でしたが多くのご意見をいただきました。

 歩いて、歩いて、歩いて、市民のみなさんの生の声に直接触れる。その生の声を演説に盛りこんで訴えて、訴えて、訴えぬく。今回もこうした活動・運動スタイルを貫きたいと思います。

 歩いて、歩いて、歩き続ける・・。

「マニフェスト2011」第一次:JR高槻駅ホームの拡幅

94e42c6b.jpg 「(仮称)高槻市政政権マニフェスト『やすとマニフェスト2011』第一次発表」では、JR高槻駅の安全対策も掲げました。

~~~~~

「JR高槻駅ホームの拡幅」

【公約】JR高槻駅の狭いホームは市民にとって危険で不便です。実際、視覚障害者がホームへ転落するという事故がこれまで幾度か起こっています。36万人都市の玄関に相応しいJR高槻駅をつくるため、同駅ホームの拡幅を主導し、実現させます。

~~~~~

※選挙告示前においては、市民のみなさんとの議論、あるいは、各種組織・団体との調整を踏まえ、文言の追加、削除、修正などについて柔軟に対応(もちろん、その都度公表)していきます。

※予算・財源措置については、「(仮称)高槻市政政権マニフェスト『やすとマニフェスト2011』」の最終版で明示いたします。

「今度こそ最後」の収穫

8111026d.jpg 10月27日付「やすとログ」( http://log.yoshidayasuto.jp/archives/1385159.html )でご報告した「復活ナス」。実は、その後もつい先日まで、収穫ができていたのです。

 「今度こそ最後」にしようと、生っていたナスをすべてもぎました。12月も下旬ですよ!。サイズがすべて揃っていて見事でしょ?(笑)。

 その日の夕飯が麻婆豆腐だったのでそれに交ぜてもらっていただきました。

樫田浴場(5)

e16f3b3f.jpg 宴会場で行われていた忘年会でご挨拶させていただきました。ご挨拶の中で触れた具体的マニフェストに対しては温かいご支持をいただきました。

 実は、その直前、宴会場の下の階で待機していたのですが、そこで会うかた会うかたから樫田「温泉」や高槻市営バスなどについて「やすとさん、市長になったら・・」のご要望を頂戴しました。

 宿題をいっぱい背負って(笑)府道枚方-亀岡線を南下しました。ありがとうございました。

樫田浴場(4)

6e6d0903.jpg樫田浴場前の池には鯉が泳いでいました。

樫田浴場(3)

121b6c54.jpg樫田浴場1階には材木ペレットが燃料のストーブ。なかなか風情もあります。

樫田浴場(2)

16afacfa.jpg野菜の直売店。

樫田浴場(1)

9aca50af.jpg
1fce3e7f.jpg
 これも2~3週間ほど前、ある忘年会の場でご挨拶させていただきました。

 会場は高槻森林観光センター内「樫田浴場」でした。

ROUTE271のクリームパン(2)

02c18691.jpg 最近の「美味しいクリームパン」の共通した特徴は、シュークリームのように、クリームを後から注入するつくりかた。写真はクリームパンを裏返すと見える注入のための穴です。いま流行のクリームパンは「シュークリームのシューがパンに変わったもの」とイメージしていただくと良いかもしれません。

 吉田康人は「日本一のクリームパン」を探すに当たり、クリーム以上に、パンの工夫に注目しています。例えば、「DELI CAFE KITCHEN 大阪 mido」の「ふわとろクリームパン」(7月14日付「やすとログ」( http://www.yasutolog.com/201007.html )参照)はパンの風味が独特です。

 ROUTE157のクリームパンのパンは少し硬めで独特の食感です。この食感も「やめられない」。もっかい食べてみよ(笑)。

ROUTE271のクリームパン(1)

35638dc9.jpg 200円以下で食べられる日本一のクリームパンを探す「旅」、久々のご報告です。

 10月21日付「やすとログ」( http://log.yoshidayasuto.jp/archives/1325094.html )でご報告した「クリームパンが売りきれた後の」(笑)ROUTE271(氷室町)。ウチの団地から自転車で10~15分ほどのところにあるんやけどなかなか行けないでいました。そんな吉田康人を見るに見かねて(笑)、義理の従弟のせいちゃんがクリームパンを買ってきてくださいましたぁ!!!。パチ、パチ、パチ、パチ、ありがとぉ。

 ひと頃、「『やすとログ』を見て買いに来た」というお客さんが相次いで店員さんが驚いておられたとか(笑)。実は、当の吉田康人はずっと食べられずにいたのです。お陰さまでやっと手にしました。まず、匂いを嗅ぎました(笑)。クリームパンをこんなにもったいぶって食べるのは初めてです(笑)。

みんなの党大阪府広域第1支部設立(3)

c67adc3f.jpg
261264ec.jpg
 渡辺代表の会見の後、大阪府内統一地方選挙におけるみんなの党公認・推薦候補者の第一次発表が行われました。公認・推薦候補者の一覧はみんなの党のホームページ( http://www.your-party.jp/local/index.html )でご覧いただけます。

 もちろん、高槻市長選挙予定候補者・吉田康人の推薦、高槻市議会議員選挙予定候補者の平井和樹さん( http://hiraikazuki.jp/ )の公認も発表していただきました。

みんなの党大阪府広域第1支部設立(2)

e8bef711.jpg 渡辺代表の会見内容は、一例として一紙のみご紹介すると、次のように翌日の新聞で報道されていました。

<<統一選候補を発表 渡辺代表「維新」連携に不信感
 12月21日付「大阪日日新聞」

 来年4月の統一地方選に向けてみんなの党が20日、大阪府議選や大阪市議選などに出馬する第1次公認推薦候補10人を発表した。大阪府庁で会見した渡辺喜美代表は「(橋下徹知事が代表を務める)ローカルパーティー大阪維新の会からみんなの党へ公認推薦を受けたい人のリストを待ったが、出て来ないためフリーハンドで候補擁立を図る」と語った。

 維新の会とみんなの党の関係をめぐって、橋下代表は渡辺代表との間で連携を協議したことを9月30日に明らかにしていた。

 渡辺代表はこの日の会見で「みんなの党は候補の決定をストップするのでリストを挙げてほしいと橋下知事に伝えてから2カ月半たつ。最初の連携話は何だったかと不信感を抱かざるを得ない」と指摘し、今後も候補擁立を進める考えを示した。

 みんなの党が発表した候補の内訳は公認が府議選と大阪、堺、豊中、高槻、東大阪、吹田の市議選各1人と枚方市議選2人の計9人、推薦は高槻市長選の1人。候補発掘に向けて大阪府広域第1支部(支部長・和田誠一郎弁護士)を開設することも明らかにした。>>

 吉田康人は現場で直接聞いていました。統一地方選挙についての会見は確かに、概ね上記のとおりでした。ただし、渡辺代表は会見の中で「大阪維新の会は地域政党。しかし、みんなの党は国政政党であり次の国政選挙を見据えた・・(連携、協議)」と何度も強調、繰りかえしておられたのに、そのニュアンスがどの新聞の記事にも強く表現されていなかったのは残念です。

みんなの党大阪府広域第1支部設立(1)

96810cf5.jpg みんなの党は昨日12月20日(月)、「大阪府広域第1支部」の設立を発表しました。

 発表は大阪府庁で渡辺喜美代表が行いました。高槻市長選挙でご推薦をいただいている吉田康人も会見に参加してきました。

平井和樹と愉快な仲間達(4)

5ee0d6c0.jpg
12a22a4c.jpg
 行動力に満ち、しかし一方で、子育てと仕事との両立で苦労しているお父さん、お母さんが平井さんのサポーターとして集っておられます。当然、忘年会参加は子供連れです。

 忘年会はいつの間にか、ミニ集会に変わっていました。

 保育所・幼稚園行政についてのご質問をたくさんいただきました。職場にいる際の高いテンションのまま、保育所へ迎えにいく→買い物をして帰る→夕飯の支度をする→「早く食べなさい」→「お風呂に早く入れぇ~」→「早く寝ろぉ~」となり、気が休まらない、生活に余裕がない。こういった悩みもお聞かせいただきました。

 なんでみんなの党なのか?、橋下府政をどう思うか?、あるいは、タイプの女性タレントは?(答:佐々木希←リン・チーリン←チョン・ジヒョン(笑))てなご質問までいただきました。平井さんはいつも大変だろうなぁ?(笑)。

 最初から最後までハイ・テンションの忘年会、愉快な仲間に囲まれた忘年会でした。これなら選挙は乗りきれる。連携してがんばりましょう!。
カテゴリ別アーカイブ