2011年07月

「恋する履歴書」

10e91ee3.jpg これは別の映画のDVDに所蔵されていた「新作情報」で気になったので観ることにしました。米国映画「恋する履歴書」(2009年。ヴィッキー・ジョンソン監督)をレンタルで。

 名門大学を卒業後、順風満帆な進路を歩むはずだったライデン(アレクシス・ブレデル)。しかし、一流出版社の内定がライバルに奪われてしまいます。傷心の彼女は実家に戻ることに。家族と一緒に時間を過ごす彼女でしたが就職への焦りは増すばかりです。そんな時、親友のアダム、そして、隣家のCMプロデューサーとを同時に恋してしまいます。果たして、ライデンの就職と恋の行方はどうなるのでしょうか?。

 新卒で就職活動中の女性の気持ちや心の揺れを的確に表現しています。この映画のエンディングはハッピーです。しかし、「それだけが女性の幸せではないよなぁ?」ということも容易に思い起こされます。就活生、いや、働く私達のどこまで行っても尽きない悩みをもエンディングは示しているのではないでしょうか?。

ゴーゴーカレー上野御徒町店(3)

7b5b1f8d.jpg じっくり煮込んだ味の濃さ、そして、カツのサクサク感が特徴です。

 吉田康人がいただいたのはロースカツカレーのビジネスクラス。「ヘルシークラス<エコノミークラス<ビジネスクラス<ファーストクラス」と盛りの多さは4段階です。ランチの大食いもあって今回はビジネスクラスにしましたが、次回はファーストクラスへ挑戦します。その場合、ルーも大盛にしなければなりません(笑)。

 御徒町、楽しい(笑)。

ゴーゴーカレー上野御徒町店(2)

ded2b089.jpg
ce22ff47.jpg
ed8aaa37.jpg
派手な看板やポップが目印です。

ゴーゴーカレー上野御徒町店(1)

ed4d0774.jpgタイ・カレーも含めタイ料理のランチ・ビュフェをお腹いっぱい食べた後で少し迷ったのですが、御徒町に次回来られる日が見えなかったので「チャンスを逃さないように」と、チャレンジしました。ゴーゴーカレーの上野御徒町店。

サイアムヘリテイジ東京で津田さんと(2)

eaf00a41.jpg
7eeece81.jpg
 ランチタイムのバイキングだから品数は15種類もあれば充分です。トムヤムクンも、むせるほど辛く(酸っぱく)、具もすべて食べられ、美味しかった。

 店内も落ち着いた雰囲気、昔話に花をのんびり咲かせることができました。

 津田さん、お忙しいところありがとうねぇ。

サイアムヘリテイジ東京で津田さんと(1)

aaa14612.jpg
3a6c882b.jpg
 連休中の出張だったので、遠慮して(笑)、誰にもお誘いの連絡をしなったのですが、「やすとログ」をご覧になった旧友の津田さんからご連絡を逆にいただきました。お休みのところ恐縮です。

 そんな訳で(笑)、学生時代、日韓学生会議をともに立ち上げた大学の同窓・津田さんと連休のど真ん中、丸の内で会食しました。新丸の内ビルディング6階、タイ料理専門店「サイアムヘリテイジ東京」で。ランチビュッフェでは、トムヤムクンを初め、全15種類の本格タイ料理をいただくことができます。店員さんの多くがタイ人です。

 津田さんの笑顔も大学の時からずっと変わりません(笑)。

スパゲッティーのパンチョ御徒町店(3)

7390d8d4.jpg 吉田康人がいただいたのは「ナポリタン 目玉焼き」の大盛。大盛は麺が600gです。

 さすがに、600gのスパゲティは食べごたえがありました。ただ、まだまだこの程度では・・(笑)。ペロリと平らげました。

 次回はミートソースに挑戦しよう。

スパゲッティーのパンチョ御徒町店(2)

198970c8.jpg
36a04f27.jpg
 メニューはスパゲティ・ミートソースとスパゲティ・ナポリタンが主力。あとはそのトッピングがバラエティに富みます。

 店内の様子は、そうだなぁ、焼きそばだけ売っている中華料理屋って感じかな?。特徴はそのボリューム。小盛300g、並盛400g、大盛600g。値段はすべて同じなんです!。

スパゲッティーのパンチョ御徒町店(1)

de347257.jpg 駅前をブラブラして気が付いたのですが、JR御徒町駅周辺にはおもしろグルメのお店がたくさんあります。チェーン店あり、「こんなん世界にここしかないやろな」っちゅうお店もありで、歩いているだけで飽きません(笑)。

 「ナポリタン 650円 懐かし味のやわらか太麺 大盛無料」という看板に目が釘付けになってしまい、フラフラ~ッと入ってしまいました(笑)。

暑い時は出掛ける

0a2b0ccf.jpg 土曜日の今日、朝からひと仕事済ませてランチは「ベッカーズ 御徒町店」。ほかにも選択肢はあったのですがとにかく涼みたかった(汗)。

 「暑いので出掛けない」という声をよく聞きます。しかし、ウチの場合、「クーラー病」を警戒しいてるサッカー青年の三男(高校1年生)と倹約家の妻とに怒られるから、家にいると昼間はメッチャ暑い(^_^;)。

 暑い時は、お客さまとの打ち合わせを入れるなど、とにかく出掛けてどこかで涼むに限ります(笑)。

そばつゆに天カスを入れる

dbd9035d.jpg 林英臣政経塾に参加するため、昨晩は高槻→河原町五条→高槻、今朝は再び、高槻→河原町六条→JR京都駅と移動。そしてこれから、新幹線で東京出張です。

 出発前の腹ごしらえは、「トンカツ定食にしようか」と散々迷って行ったり来たりしたのですが結局、駅構内の立ち食いそば屋にしました。

 最近よく来るなぁ。ウチの三男も、クラブ帰りにここで時々、そばをいただいているそうです。

 ざるそば。もちろん、大盛(笑)。つゆにはネギ、わさびとともに天カスも入れて満腹感をでっち上げます(笑)。

「天使の恋」

ea0a80aa.jpg
2cbc5b63.jpg
 吉田康人は最近、佐々木希さんが「お気に入り」で(笑)彼女が主演のこの映画も観たくて観たくて楽しみにしていました。邦画「天使の恋」(2009年。寒竹ゆり監督)をレンタルで観ました。佐々木希の魅力満載、ファンには堪えられない映画でした(笑)。

 過去のトラウマから他人を信用できなくなり、周囲の人間を利用価値があるかどうかで判断し、そして、社会的モラルも失ってしまった17歳の少女・理央(佐々木希)。ある日運命的に、35歳の大学講師・光輝(谷原章介)と出会い、恋に落ちてしまいます。本物の恋を知り、生まれ変わろうと理央は決意します。

 年齢の差を超えた男女のラブ・ストーリーという意味で、「8月のクリスマス」(2008年1月10日付「やすとログ」( http://www.yasutolog.com/200801.html )参照)、「八月のクリスマス」(2008年2月3日付「やすとログ」( http://www.yasutolog.com/200802.html )参照)を彷彿とさせる映画です。それらをさらに、今を生きる若者からも共感を得られるように進化させた映画だなぁと思いました。映画タイトルで理央のことを「天使」と表現したのはなぜか?との問題意識を持って観るとストーリーの結末に頗る感動します。

トマトが大量収穫の見込み

f1ddb6f8.jpg
98b2b6c7.jpg
 トマト、ミニトマトとも、赤みが漸く出てきました。

 実がたくさん生っていますので大量収穫が期待できます。

いい加減にしてくれ!

57a939e4.jpg もう、いい加減にしてもらいたい。

 我が国のエネルギー政策までズタズタにされてしまう。

 脱・菅の政治を早くつくらないと、脱・政治のエネルギー政策が必要と言われかねない。

卓上で色づくトマト

cde791b9.jpg61523276.jpg

 7月3日付「やすとログ」( http://log.yoshidayasuto.jp/archives/3356886.html )でごらんいただいた「青くてももぎ取らざるを得なく」なったトマト。

 卓上で4~5日眠らせておいたところこんなに赤くなりました。美味しくいただきました。

いわきフェニックス(福島県いわき市)(15)

75088cc1.jpg いわきフェニックスのみなさんと杉本さん、かまたにさん。

 今回は、茨城、福島で、放射能、放射線とその測定の実態について現地調査するのが目的でした。現場でないと知り得ないことをたくさん学びました。被災地の復旧、復興へ必ず活かさせていただきます。

 この度は、お忙しいところありがとうございました。

いわきフェニックス(福島県いわき市)(14)

d7646fc8.jpg
6e18c43e.jpg
443fd047.jpg
 「余震後、旧・炭鉱の通気口から温泉が湧き出ているところがある」とのことで見に行きました。

 ここは、旧常盤炭鉱の立て坑跡地でコンクリート製の通気口です。本年4月11・12日の余震(震度6弱)後に温泉が湧き出しました。約55度。地下水が圧力で押し出されたのではないかと言われています。まだ、ジャブジャブこぼれ出しています。

いわきフェニックス(福島県いわき市)(13)

bfb1b5d5.jpg港の海底に沈んだ自動車など大型の瓦礫は、こうして、クレーン船で引き上げます。

いわきフェニックス(福島県いわき市)(12)

b1230fcd.jpg
f38fe710.jpg
9c881fa0.jpg
 福島第一原子力発電所から30数キロメートル、塩屋岬が見えるこのまちには、被害が大きく、人はほとんど住んでいません。駅前の集合住宅に一斉転居しました。

 「塩屋岬」ってご記憶にありませんか?。

 そう、美空ひばり「みだれ髪」に出てくるあの「塩屋の岬」です。

 「♪・・暗や涯てなや 塩屋の岬
     見えぬ心を 照らしておくれ・・♪」

 日本人ひとりひとりがお互いに、「塩屋埼灯台」にならなければいけません。

いわきフェニックス(福島県いわき市)(11)

c985e86f.jpg
af008cca.jpg
5b2e51c5.jpg
「人形やモンゴル・ゲル(移動式住居)で人寄せをやっている」と地元ではかなり有名なお店です。
カテゴリ別アーカイブ