2012年10月

休日の住吉大社・帝塚山界隈5(おもかる石)

6e620ef2.jpg願いごとをお祈りする前後で、軽くなればそれが叶い重くなれば叶わないと言い伝えられている不思議な試し石。

吉田康人は変わりませんでした。今、充分幸せですし、唯一の願いごとは行政を立派にやり遂げることなので、「変わらない」のがちょうど良いと思います。

休日の住吉大社・帝塚山界隈4(浅沢の杜若)

ecfcc957.jpg大社の南側一帯にはかつて大きな池がありかきつばたが咲き乱れていたと言われています。

かきつばたは住吉区の花です。マスコット・キャラクター「すみちゃん」もかきつばたをイメージしたものです。

僅かにここに残されたかきつばたを大切に保全していかなければなりませんね。

休日の住吉大社・帝塚山界隈3(卯の花苑)

5b04920f.jpg同じく大社南側の卯の花苑。

休日の住吉大社・帝塚山界隈2(石舞台)

62b2fb80.jpg住吉大社南側にはお能の石舞台があります。重要文化財です。

休日の住吉大社・帝塚山界隈2(五大力)

02e5ba04.jpg
1e4defd2.jpg
0a3fd225.jpg
玉砂利の中から「五」、「大」、「力」とそれぞれ書かれた石を見つけることができました。この3個の石とお守りとを交換してくださるそうです。

浦辻さんにもそうすることを勧められたのですが「私は充分幸せなのでほかの人へ譲ります」と元へ戻しておきました。

休日の住吉大社・帝塚山界隈1(結婚式)

293fe459.jpg
819d0efe.jpg
1か月ほど前の土曜日、ほぼ1年ぶりにお会いした浦辻さんと住吉大社・帝塚山界隈をお散歩しました。

たまたま、結婚式中の一団と遭遇。最近、神社で挙式するカップルが増えているらしい。

住吉大社ならではの光景に「やすとショット」してしまいました。

戦没者追悼式

daa24c3e.jpg
a28b272d.jpg
3a7d63d7.jpg
79001482.jpg
 9月14日(金)には大阪府戦没者追悼式、そして、昨日10月11日(木)には大阪市戦没者追悼式に参列しました。いずれも大阪市中央公会堂で。

 大東亜戦争で亡くなったかたがた、そして、そのご遺族のみなさんの犠牲、無念、希望のうえに私達の今の生活が成り立っていることを決して忘れてはなりません。私達の家庭、地域、さらには、わが祖国日本や国際社会を、今に生きる私達だけのためではなく、こうした英霊や先人のご尽力に報いるためにも、守り抜いていかなければなりません。

 私利私欲にとらわれることなく、みんなのため、英霊、先人、未来の子供達のため、もっともっと、粉骨砕身、貢献しようと心を新たにいたしました。

大阪市行政対象暴力対策連絡協議会

53ede861.jpg 9月13日(木)、「大阪市行政対象暴力対策連絡協議会」の住吉部会に出席しました。「暴力団等による不法、不当要求事案を予防し、又は排除するため」に同協議会を設置しています。

 ビデオを見ながらのわかりやすい講演がありました。

四恩学園3(理事長)

4ddae63d.jpg金戸述理事長にはこれまで、住吉区の福祉行政に対しても多大なるご貢献をいただいてきました。

今回、その人となりに触れさせていただきご著書も頂戴しました。これからもよろしくお願い申し上げます。

四恩学園2(乳児院)

197eb597.jpg
b11d5817.jpg
60348e54.jpg
 四恩学園の住吉区内施設には高齢者ディサービスセンター、在宅介護支援センター、児童館、保育園、乳児保育園、児童養護施設、乳児院、診療所が併設されています。

 特に、高齢者と幼児・保護者との交流事業、そして、乳児院が印象的でした。

 乳児院から離れる時は後ろ髪を引かれる思いでした。「このまま立ち去っていいんだろうか・・」。

四恩学園1(地域包括)

a22adb25.jpg 9月12日(水)は「自立生活センター・まいど」(10月5日付「やすとログ」( http://log.yoshidayasuto.jp/archives/4214732.html )参照)、「住吉区子ども・子育てプラザ」(同( http://log.yoshidayasuto.jp/archives/4214961.html )参照)とともに社会福祉法人四恩学園も訪ねました。

 同園には住吉区東地域包括支援センターをご受託いただいています。

大阪市高齢者福祉大会

4daf4d37.jpg前のログの「平成24年度統計功労者市長感謝状贈呈式」の翌日、9月6日(木)、同じく大阪国際交流センターで『大阪市高齢者福祉大会』に参列。

ここでは、住吉区から御厨勝さん、村上清さん、新居巧さん、古川彰夫さん、妹尾實さん、坂本睦美さん、平井清さんが「大老連理事長表彰状」をお受け取りになられました。おめでとうございます。

会場前で住吉区内受賞者のみなさんと記念撮影できました。その模様は後日改めてご報告いたします。みなさん、嬉しそうにしておられました。

平成24年度統計功労者市長感謝状贈呈式

9739231a.jpg
c1adbbd3.jpg
cdaa230f.jpg
1ヶ月以上遡りますが、9月5日(水)、大阪国際交流センターで行われた「平成24年度統計功労者市長感謝状贈呈式」にも参列してきました。

住吉区内からは平井芳子さん、小住光さん、辻登さん、宇都宮登代美の計4名が「統計功労者市長感謝状」をお受け取りになられました。長年にわたるご貢献に厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。

住吉区子ども・子育てプラザ

f45a74b0.jpg
c3013f8c.jpg
86525391.jpg
 同じく9月12日(水)、「住吉区子ども・子育てプラザ」( http://www.sumiyoshi-wel.net/kosodate/index.html )へも足を運びました。ちょうど、ミニ運動会の日で大勢のちびっことその保護者とで賑わっていました。同プラザが大きなスペースを擁し比較的便利な場所にあるのは住吉区の自慢です。

 ここで行われている複数の事業を来年度から民間委託する方向で検討しています。住吉区役所としては委託の仕様(どんな事業を実施してもらうか)を区民ニーズにできるだけ合ったものにするため、現在、住吉区における子育て支援のありかたを再点検しています。

 区民のみなさんにも、「市民の声」( http://www.city.osaka.lg.jp/seisakukikakushitsu/page/0000006578.html )、あるいは、吉田康人( http://www.city.osaka.lg.jp/sumiyoshi/page/0000139400.html など)へ直接、ご意見をお寄せいただきたく存じます。その際、メモでも構いませんので、「文書」に整理して頂戴できれば幸いです。

自立生活センター・まいど

40e5e69e.jpg 昨晩の「区政会議」( http://www.city.osaka.lg.jp/sumiyoshi/page/0000135866.html )でも「民意の把握のしかたは一様ではない」とのご指摘を委員からいただきました。住吉区では新しい住民意識調査の開始のほか、「校門指導への参加」、「駅頭・街頭での広報」、「タウンミーティング」、そして、「庁舎玄関でのあいさつ」など区民のみなさんと区長との直接コンタクトによる情報収集・発信を新しい「住吉区運営方針」( http://www.city.osaka.lg.jp/sumiyoshi/page/0000184281.html )に盛り込んでいます。区長が公的機関・施設へ足を直接運ぶのもその一環です。

 9月12日(水)は、「住吉区障害者支援相談センター 自立生活センター・まいど」( http://www1.odn.ne.jp/~cch03940/newpage8min.html )をお訪ねしました。「まいど」は「住吉区地域自立支援協議会」( http://ssas20.jp/about/index.html )の参加組織でもあります。

 これも昨日のことですが、大阪市役所で福祉局とのディスカッションの場がありました。「区サイドでは要綱までつくり区地域自立支援協議会の法的位置付けを明確にしているのに、大阪市役所は区協議会の位置付けを(要綱等法的枠組みのなかで)明確にしていない。ほかの福祉系区協議会についても同じような例がある。こうした曖昧な状態を是正しつつ地域福祉の全体像を描くように」と指摘しておきました。

 様々な歴史的経緯はあったのだろうけれど、福祉の現場においても大阪市の「ナアナア病」を治さなければなりません。

今日の区政会議で「政策公募」の第二次(最終)選考

3518e846.jpg 9月12日付( http://log.yoshidayasuto.jp/archives/4181064.html )・9月27日付( http://log.yoshidayasuto.jp/archives/4203773.html )「やすとログ」でご報告してきた「『夢あるまち・住吉』を一緒に実現しませんか? あなたの想いを住吉区政に 住吉区『予算策定への住民参画』 ~皆さんのアイデアを募集します~」。応募20政策の第一次選考を審査員3名(大学教授、弁護士、区長)で9月27日(木)に実施しました。その結果、6政策を優秀作として第二次(最終)選考に残すことに決定しました。

 第二次(最終)選考は本日(10月4日(木))夕刻から開催の「住吉区区政会議」( http://www.city.osaka.lg.jp/sumiyoshi/page/0000184751.html )で行います。同会議は17:00開始ですが、この選考会は途中、19:00頃から始める予定です。

 優秀6政策の応募者にはそれぞれ、審査員を務める同会議委員の前でプレゼンテーションを行っていただきます。その後、質疑応答。すべての出席委員の採点結果を合計、最高点を獲得した政策を最優秀作とします。公募への応募状況、第一次選考の詳細、第二次(最終)選考の詳細、ならびに、今後の進めかたについては後日、住吉区ホームページ( http://www.city.osaka.lg.jp/sumiyoshi/ )でご報告します。

 同会議の傍聴者定員は10名、傍聴受付開始時刻は16:30です。みなさまの傍聴をお待ち申し上げております。

たこ焼き「KABUKIYA」

b017f931.jpg
136fa04d.jpg
 具体的に何日だったかを明らかにするといろいろ支障がありますので申しませんが(汗)、社団法人高槻青年会議所(JC)( http://www.takatsuki-jc.jp/ )同期・昭和39年組のもかもっちゃん、たけしとド深夜まで飲食して、高槻までいったん戻り、そして、翌朝、住吉にとんぼ返りしました。

 場所は道頓堀の「KABUKIYA」。ここではたこ焼きを自ら焼くこともできます。写真右端が店長、たけしのお友達でもいらっしゃいます。

墨江敬老素人演芸会

f000f6eb.jpg
f8ae34d4.jpg
6162ed84.jpg
e228e38f.jpg
256dbba7.jpg
ce29e2f0.jpg
 9月9日(日)には大阪市立墨江小学校で行われた「墨江敬老素人演芸会」に出席、ご挨拶をいたしました。

 地域の子供達が大活躍してくれました。ご高齢者へのプレゼント贈呈、そして、吹奏楽の演奏。特に、演奏をしてくれた大阪市立墨江丘中学校吹奏楽部の腕前は全国レベルです。

 ご高齢者、現役世代、そして、子供達、三世代参加の敬老会には希望を感じます。

清水丘3丁目北町会敬老会

8377eaaf.jpg
c8000b8a.jpg
67a67ba1.jpg
2bc9e67e.jpg
9月は区長の仕事にとっては敬老会訪問のシーズンでもありました。吉田康人も連合町会単位の敬老会へ極力出席、ご挨拶させていただきました。

9月8日(土)は、社会福祉法人幸陽会墨江丘地域サービスステーション「ル・ロゼイ」で行われた「清水丘3丁目北町会敬老会」へ。これまでの功労者に対する配慮の行き届いた会で勉強になりました。ありがとうございました。
カテゴリ別アーカイブ