2012年12月

京都橘サッカー、全国大会初戦突破2(埼玉スタジアム)

8eafb2ad.jpg
a67cd4c1.jpg
5b9b0089.jpg
2af75116.jpg
2bdd6ef1.jpg
翌31日、いよいよ1回戦。京都橘高等学校は埼玉県代表の正智深谷高等学校と対戦しました。

会場の埼玉スタジアム2002にやってしました。

京都橘サッカー、全国大会初戦突破1(開会式)

84b50c06.jpg
9872f04f.jpg
00424ffa.jpg
a1779552.jpg
447e3694.jpg
75fcc7d6.jpg
2b6640b0.jpg
2d2897a2.jpg
昨日12月30日、「第91回全国高等学校サッカー選手権大会」( http://www.ntv.co.jp/soc/ )が開幕しました。開会式は国立競技場で行われました。

降雨のため、入場行進以外、グランドでのセレモニーは取り止めとなり、正面スタンド内で式典が行われました。

京都府代表の京都橘高等学校も堂々の入場を果たしていました。

夜警

cf5ab1a5.jpg住吉区内でも12月20日頃から、地区(小学校区)を中心に夜警活動が行われています。今年の年末は天候も悪く、かつ、寒かったので、夜回りしておられるかたがたと接するにつけ、頭の下がる思いがいたします。

住吉区長としての御用納めは、この夜警拠点を巡回し地区のボランティアのみなさんを激励することでした。吉田康人のグループは、区長のほか、消防署長、警察副署長、防犯協会副会長で回らせていただきました。もう一つのグループは、市民協働課長、警察署長、消防副署長、防犯協会会長。

住吉区全体として大きな犯罪や火災のない大晦日が迎えられそうです。区民のみなさんの自主防災、自主防犯に心から御礼申し上げます。

京都橘サッカー、全国大会1回戦は大晦日

4a588a5f.jpg
12月30日の明日、「第91回全国高等学校サッカー選手権大会」( http://www.ntv.co.jp/soc/ )が開幕します。三男(高校2年生)が所属する京都橘高等学校サッカー部が2度目の出場を果たしたことは11月28日付「やすとログ」で既にご報告しました( http://log.yoshidayasuto.jp/archives/4276059.html )。京都橘の1回戦は12月31日、埼玉スタジアムで、埼玉県代表の正智深谷高等学校との争いです( http://www.ntv.co.jp/soc/tournament/index.html )。
 
 
吉田康人は明日の開会式(国立競技場)と1回戦を現地で観戦します。がんばれ!、京都橘!!。

平成25年度住吉区予算案

23bd3e1c.jpg11月16日付「やすとログ」( http://log.yoshidayasuto.jp/archives/4270080.html )で、住吉区のまちづくりビジョンと来年度方針・予算の策定状況をご報告し、「住吉区将来ビジョンH30」( http://www.city.osaka.lg.jp/sumiyoshi/page/0000192419.html )と「平成25年度 住吉区運営方針」( http://www.city.osaka.lg.jp/sumiyoshi/page/0000192345.html )(いずれも案)についてはそのURLをお知らせしました。

この度、平成25年度の住吉区予算の住吉区役所案とも言える「平成25年度 住吉区役所予算事業一覧(11月15日要求段階)」ならびに「区シティ・マネージャー自由経費予算事業一覧(11月15日要求段階)」(ともに、 http://www.city.osaka.lg.jp/sumiyoshi/page/0000196091.html )を公表しました。

「シティ・マネージャー」は我が国の地方自治では耳慣れない言葉です。一言で申しますと「行政区内の基礎自治に関する施策、事業を各局横断的に総理し局長以下を指揮監督する新たな職」のことで、公募区長がこれを兼務しています。詳細は次のURLをご覧ください( http://www.city.osaka.lg.jp/zaisei/page/0000183711.html#kutyouketteiken )。

上記はいずれも今後、大阪市議会を初め市民のみなさんにご議論いただくことになっています。

各町会でも餅つき

42cdae3a.jpg
14445ced.jpg
5ba561b7.jpg
0f7e669b.jpg
b282ca7c.jpg
お餅つきのシーズンです。住吉区でも区内各所でお餅つきイベントが行われています。

12月9日(日)には、岸田遠里小野連合町会長からのお招きで同町会内で行われたお餅つきにお邪魔してきました。

あらゆる世代が協力してのお餅つき。我が国ならではの風物詩です。

住中ナイトスクール

7bebdc99.jpg今週の夜、大阪市立住吉中学校を訪問、林憲治郎校長先生と意見交換をいたしました。事前の打ち合わせでは「意見交換の後、お食事をご一緒して懇親しよう」とのことだったんですが、その時間がなくなるほど熱心に議論させていただきました。

そこで見学させていただいたのは「住中ナイトスクール」。略して「SNS」。この事業は「『住中校区元気アップ地域本部事業』実施要項」( http://www.ocec.ne.jp/jh/sumiyosi-jh/genkiup.html )に基づくものです。地域や大学生のボランティア・スタッフのみなさんが無償で、中学校1・2年生の補充学習をしてくださっています。

クラブを終えてこの教室にやってきた生徒、同級生の勉強を手伝ってあげる生徒、途中で抜けて塾へ向かう生徒、・・彼ら彼女らのがんばりも住吉区として大事にサポートしていかねばなりません。

住吉中学校の校訓は「自主協調」。「何ごとにも、責任をもって、行動する。また仲間を大切にし、協力しあって学校生活を送る」ということです。住吉区の新しいスローガン「住吉 ~自立した区民・地域の『和』で創るまち~」と相通ずるものがあります。

大阪商工会議所正副会頭主催年末懇親会

5fe97eb2.jpg一昨日の金曜日夕刻、大阪商工会議所正副会頭主催年末懇親会に出席しました。各区区長がこうした懇親会に参加するのは初めてとのことです。

吉田康人は南ブロックのテーブルで、「平成25年度住吉区運営方針」( http://www.city.osaka.lg.jp/sumiyoshi/cmsfiles/contents/0000192/192345/25unneihousinn-yousiku2-241115.pdf )に盛り込んだ「住吉区観光振興事業推進計画」についてPRさせていただきました。

住吉区の発展のためには、学校や地域だけでなく、経済界、民間企業との連携は欠かせません。

続・大阪市立幼稚園PTA(保護者)との意見交換会

317b7a4b.jpg大阪市政の大きな課題である「市立幼稚園の民営化・廃止」については、既に11月10日付「やすとログ」(http://log.yoshidayasuto.jp/archives/4262733.html )で基本的な方向性をお伝えしたところです。住吉区役所としては、保護者、地域、その他区民のみなさんへの説明、みなさんとの意見交換を最重要視して、区としての具体策を策定しています。

これまで、大阪市立住吉・墨江幼稚園PTA、両幼稚園園長、その他小学校PTA、連合町会、そして、就学前障害児童の保護者とは度重なる意見交換会を行ってきました。今後も、議論の主題を「住吉区の就学前教育・保育を今後どうすべきか」、「障害児童やその可能性が考えられる児童を今後どう支援していくか」、また、「経済的困窮家庭への支援を今後どう改めていくか」へとシフトさせつつ、このような意見交換会を可能な限り持たせていただく方針です。

保護者との調整が長引きご報告が遅れましたが、「住吉区ホームページ」で漸く、両園PTA(保護者)との第2回意見交換会の議事録をアップすることができました(→ http://www.city.osaka.lg.jp/sumiyoshi/page/0000191695.html )。ここで、第1回と併せてご覧いただけます。

建国中学校・高等学校4(大臣賞)

5a38b492.jpg
98489d90.jpg
65092afb.jpg
伝統芸術部は11月上旬、韓国公州で行われた第20回世界サムルノリ大会(韓国、日本、スイス、ベルギーの33チームが出場)において優秀賞・韓国文化体育観光長官賞を受賞しました。

住吉の誇りでもあります。これからもがんばってくださいね。

建国中学校・高等学校3(広報)

9e241e03.jpg建国中学校・高等学校吹奏楽部、伝統芸術部の活躍は「広報すみよし」11月号で紹介いたしました( http://www.city.osaka.lg.jp/sumiyoshi/cmsfiles/contents/0000168/168920/201211-3.pdf )。

建国中学校・高等学校2(伝統芸術部)

ff5c3bea.jpg
e6535703.jpg
8a2d9df6.jpg
続いて、伝統芸術部。

こちらも8年連続全国大会出場の快挙を成し遂げています。韓国国内で専門として取り組んでいる大学のチームにも負けないレベルだそうです。アイデンティティが与えられたものであるか自ら確立せねばならないものであるかの違いが結果、成果にも表れているのでしょう。我が国国民、そして、住吉区民が大いに学ぶべきことです。

練習とはいえ演奏には魂がこもっていました。

建国中学校・高等学校1(吹奏楽部)

948bf83c.jpg
c90b385e.jpg
住吉区役所は広報紙「広報すみよし」で今秋から、区内在住・在学で活躍中の児童、青少年らを積極的にご紹介していくことにしています。当該の子供らを称賛するのと同時に、区民の励み、誇りにするためです。

クラブ活動(運動、文化)を中心に原則として、大阪・近畿・関西大会レベルでの活躍実績を掲載させていただき、全国大会出場レベルは写真入りで掲載、ご報告いたします。なお、区役所でそうした情報を漏れなく把握することは不可能です。学校や保護者からご連絡をいただければ幸いです。

「大阪学芸高等学校」(長居)の空手道部に続く訪問第2弾は「建国中学校・高等学校」(遠里小野)( http://www.keonguk.ac.jp/ )の吹奏楽部と伝統芸術部。10月2日(火)に訪問しました。ちなみに、同校は学校教育法第1条の認可校です。

まずは、吹奏楽部。中学生も入れて少数精鋭で成り立っている同部が関西吹奏楽コンクールで4年連続金賞を受賞しているのはひとりひとりの自己主張意欲の強さではないかとは顧問の先生の弁。我が国に来てまだ間なしで日本語もままならない中学生も、高校生に混じって、吹奏楽を通じまさに「自己主張」していました。

住吉区民として心から応援したくなります。

つながりクリエイト事業パネルディスカッション3(郷土愛)

1f22abe3.jpg吉田康人からはパネルディスカッションで、郷土愛について、郷土には「愛される理由」、住民には「愛する理由」がそれぞれ必要となるとの持論を展開させていただきました。私達はもっと、この国の、そして、各々のまちの良いところを学び、知らなければなりません。

大阪JCがテーマとしている「つながり」は住吉区役所が掲げる「和」と相通じるものがあります。お互いに連携、協働をしてまちづくりに力を尽くしたいと思います。ありがとうございました。

つながりクリエイト事業パネルディスカッション2(ビデオ説明)

c4bfb8e4.jpg
2ace3b0d.jpg
9eceb736.jpg
0b8a4776.jpg
大阪JCとの連携を始めてくれた前任の高橋英樹(現)住之江区長(http://www.city.osaka.lg.jp/suminoe/category/2124-0-0-0-0.html )や大正区での取り組みを初め、大阪JCと大阪市行政との協働事業の沿革、経緯についてビデオを使ってわかりやすく説明していただきました。

大正区長・筋原章博さん(9月16日付「やすとログ」( http://log.yoshidayasuto.jp/archives/4188690.html )参照)、ならびに、大阪市建設局の幹部も出席。もちろん、たくさんのJCメンバーも。この力を有効に活かしていかねばなりません。

つながりクリエイト事業パネルディスカッション1(中央公会堂)

3d8dc92f.jpg社団法人大阪青年会議所(JC)の「つながりクリエイト事業」( http://tsuna-cre.com/ )についてはこれまで、「やすとログ」でも度々ご紹介してきました(9月28日付「やすとログ」(http://log.yoshidayasuto.jp/archives/4205150.html )など参照)。大阪JCと住吉区役所とは今年、駅前の放置自転車対策で協働させていただきました。

11月30日(金)、その集大成とでも言うべき「報告会」が大阪中央公会堂で開催されました。吉田康人はそのパネルディスカッションの部にパネリストとして参加いたしました。

区長会議、中学校給食を試食2(教育委員会)

af2e61ed.jpg全4事業者の給食は統一メニュー、かつ、食材や調味料などの種類、分量も指定。にもかかわらず、見栄えも味も全く異なりました。まずこのことに驚きの声が上がりました。

試食後、副市長および全区長で議論。その詳細内容については、影響が大きすぎるので、まだ申し上げられません。ただ、論点は大きく分けて2つに整理されます。一つは、給食の内容に関するもの。コスト、味、事業者ごとの味の違い、調理方法、栄養、輸送方法・距離、委託契約など、多岐にわたる問題提起がなされました。問題提起というより、それらはすべて区長会議の中では問題提起済みで、単に確認のレベル。今は判断、決定のタイミングのはずです。

いま一つは、行政としての仕事のやりかた。すなわち、公募区長就任以来、いや、給食導入直後から、こんなにも不満の声が利用者(生徒、保護者)から上がっており、こんなにも大きな議論が関係各所で戦わされているのに、教育委員会はこれまでいったい何をしてきたのか?。今頃、「さあ食べてみてください」というのはタイミングとしては遅すぎる。しかも、「今後、中学校の給食制度をどうするか?」、その判断をするための資料、あるいは、教育委員会の考えがほとんど提示されていない・・。教育委員会の仕事の拙いやりかたを指摘する区長が大半でした。

教育委員会から各区長へは平成25年度以降の給食制度について意向確認調査が来ています。期限は今週中。「給食は現状のままであり改善策も講じられないとしたら」という「前提」でこの調査に回答するのか?との区長側からの質問に対し、教育委員会の答えは「そうだ」。全く話にならない。結局、区長会議から教育委員会へは、詳細資料の提出、ならびに、今後の対策を文書で示すことが求められました。

「あと味」の悪い試食会でした。

区長会議、中学校給食を試食1(区長会議)

7dd48aba.jpg
aebc2aeb.jpg
大阪市の教育行政で今、中学校給食が大きな課題となっています。デリバリー弁当方式の給食(家庭弁当との1ヶ月単位の選択制)の選択率が非常に低い、味に対する評判が悪い、そして、「全員喫食だけは頼むからやめてくれ」との児童、生徒が圧倒的に多いなどです。

各区長ともこれまで、独自に調査、試食を行ってきました。先週、大阪市が業務委託をしている4業者すべての給食(メニュー、食材は統一されています)を食べ比べる試食会を区長会議として実施しました。

副市長にもご参加いただき大袈裟な試食会となりましたが、食べ比べることで現場の実態がより鮮明になり有意義な機会となりました。

住吉アイリスガーデン

6cd6685c.jpg
5302895a.jpg
6e34414f.jpg
33a623c7.jpg
住吉区役所の正面玄関前や屋上庭園(3階)の花壇は、市民ボランティア団体「住吉アイリスガーデン」のみなさんに整備していただいています。

先週金曜日にも大勢のスタッフのかたがたが作業をしてくださっていました。夏は暑い中、そして、冬は冷たい風の中、明るく楽しそうに作業をしてくださり実に頭の下がる思いです。

ご来庁のみなさまにも是非、そういう目で我が住吉区役所の花壇をご覧いただければ幸いです。

平成24年住吉区人権啓発講演会

effc122a.jpg「南住吉三丁目子ども会 結成40周年記念式典」を出て同じ住吉区民センター内の大ホールで開催の「平成24年住吉区人権啓発講演会「バリアフリーな社会をめざして」へ出席、主催者として冒頭挨拶を担当いたしました。

このイベントは「公募型企画競争(コンペ)」により委託事業者を選定しました(http://www.city.osaka.lg.jp/sumiyoshi/page/0000186629.html )。人権啓発事業へも民間の発想、ノウハウ、活力を取り入れていく方針です。
カテゴリ別アーカイブ