2013年07月

盆踊りシーズンがスタート

2ebe29b0.jpg今年も区内各地区での盆踊り大会が行われ始めました。先週末の土曜日は連続3箇所での盆踊りに参加、ご挨拶いたしました。盆踊りシーズンは8月下旬まで続きます。

議員各位からも警察・消防署長、学校長からもご挨拶いただきますので、吉田康人の役割は「休憩」感漂う盆踊り会場の注目をやぐらの上に集めることと心得ています。

建国高校伝統芸術部、長崎全国大会へ4(誓い)

27eeef98.jpg
4a057e1f.jpg
2dcf9e8e.jpg
 高校生部員ひとりひとりが誓いの言葉。当人らも、サポートに回る中学生部員も、そして、送り出す保護者など応援団も感極まって涙を流しました。

 吉田康人も三男での経験があるんですが(2009年8月11日付( http://yasutolog.osakazine.net/e206757.html )・2010年8月31日付( http://log.yoshidayasuto.jp/archives/2010-08.html )「やすとログ」参照)、全国大会へ出場するのは選手らはもちろん、指導者もチームメートも保護者も学校も地域もその他応援団も、肉体的、精神的、経済的に大変な苦労なんです。ホンマ大変!。

 今大会のプログラムを見て初めて気が付いたのですが、同じ郷土芸能部門に三男(現・高校3年生)が通っている京都橘高等学校( http://www.tachibana-hs.jp/ )とウチの近所の大阪府立芥川高等学校( http://www.osaka-c.ed.jp/akutagawa/ )とが出場します。

 それぞれ、これまでの苦労の集大成として力を存分に発揮してください。元気をくれてありがとう。

建国高校伝統芸術部、長崎全国大会へ3(お披露目)

c54801a8.jpg
3487739a.jpg
71a56cba.jpg
f56a38e7.jpg
4a89fd30.jpg
817ccbc5.jpg
e803ff85.jpg
全国大会での演目が披露されました。

本来はもっともっと大きな規模の舞踊なのですが、大会ではたった15分で、しかも、たった8名の高校生で演じきらねばなりません。過去連続8回出場の歴史でも8名は最少です。

演技レベルの高さ、さらに、人々の胸を打つ感動は最高級です。今年度は、秋に住吉大社で、来春は区民センターで区民のみなさんにもご覧いただきます。乞うご期待です。

建国高校伝統芸術部、長崎全国大会へ2(中学生部員)

b455fc03.jpg中学生部員。中学生とはいえ超高校級の腕前を披露してくれました。

出場、出演はできませんが高校生部員をしっかり支えます。バスで十数時間の長崎へも随行。

今年で9年連続全国大会出場を重ねている建国高校伝統芸術部の伝統を守っていって欲しい。

建国高校伝統芸術部、長崎全国大会へ1(壮行会)

0c6390ca.jpg
095c67d6.jpg
 4月8日付「やすとログ」( http://log.yoshidayasuto.jp/archives/4427828.html )定期公演の模様をご報告した建国中・高等学校(住吉区遠里小野)伝統芸術部。吉田康人はこの度、同部後援会の顧問に就任しました。

 同部は「第37回全国高等学校総合文化祭 2013長崎しおかぜ総文祭」( http://www.nagasaki-shiokaze.jp/ )の郷土芸能部門へ大阪府代表として出場することとなりました。7月31日(水)~8月2日(金)、島原復興アリーナで行われます。

 先週末の土曜日、壮行会が行われたので激励してきました。

「海外研修生と遊ぼう」@HIDA5(日本の遊び)

2e6c4a35.jpg皿回しなど我が国の遊びも体験していただきました。

夜は、吉田康人もご挨拶した苅田南と山之内の地域活動協議会の盆踊りへ分かれて参加してくださり、大いに盛り上がっていただきました。

この日の思い出をそれぞれの国のみなさんへお伝えいただきたいものです。ありがとうございました。

「海外研修生と遊ぼう」@HIDA4(アジアの遊び)

e0073bad.jpg
78046bdf.jpg
ac7c230b.jpg
0e1887bc.jpg
96f65330.jpg
みんなでアジア各国の遊び。

吉田康人のグループでは我が国で言う「ハンカチ落とし」をやりました。

「海外研修生と遊ぼう」@HIDA3(輪になって)

a021e338.jpg
3d36fc8d.jpg
みんなで輪になって歌を歌ったり手をつないだり。

「海外研修生と遊ぼう」@HIDA2(南京玉すだれ)

cb487224.jpg
6d837751.jpg
6002c67f.jpg
4a259441.jpg
116da4b9.jpg
8aadb8f9.jpg
「南京玉すだれ」など我が国の伝統的な遊びを見て体験していただきました。

「海外研修生と遊ぼう」@HIDA1(関西研修センター)

34bda5bb.jpg
d3085d56.jpg
 住吉区が誇る国際的、全国的な施設のひとつが「HIDA」です。HIDAは「一般財団法人海外産業人材育成協会」( http://www.hidajapan.or.jp/ )の略です。主に開発途上国の産業人材を対象とした研修および専門家派遣などの技術協力を推進する人材育成機関。その「関西研修センター」が住吉区浅香にあります。

 同協会と大阪市住吉区社会福祉協議会( http://www.sumiyoshi-wel.net/ )との共催で毎年、交流イベント「海外研修生と遊ぼう」が行われています。日本の懐かしい遊びやアジアの子供の遊びなどを通じて、地域住民と同協会海外研修生とが交流しています。「日本は『和』の国。この和を住吉から世界へ広げていこう」とご挨拶しました。

住吉区ホームページ・アクセス・ランキング

f89796af.jpg 住吉区ホームページの改編も、大阪市役所が24区全体を総括しているため融通が利かず一足飛びには行かないものの、ひとつひとつ着実に進めています。

 今月から住吉区ホームページの「アクセス・ランキング」の掲載も始めました( http://www.city.osaka.lg.jp/sumiyoshi/page/0000227561.html )。住吉区ホームページのうちどのページがよく見られているか?、1ヶ月のカウント数(ビュー/日の1ヶ月分)をページごとの一覧表にして掲載しています。

 ダントツの1位は「住吉区役所のご案内」( http://www.city.osaka.lg.jp/sumiyoshi/page/0000158918.html )。同2位は「住吉区の各担当一覧」( http://www.city.osaka.lg.jp/sumiyoshi/soshiki_list.html )です。住吉区役所の所在地、開庁時刻、各窓口の連絡先など、とても基礎的、基本的な情報に関する情報ニーズがホームページにおいても高いということを銘記して今後の改編を手掛けていきたいと思います。

神輿洗神事8(動画)

00074c2c.jpg神輿洗神事の詳細はユーチューブの動画でも見られます( http://www.youtube.com/watch?v=qIZ_PHC9BGM )。

住吉は、神事、伝統、文化、歴史の継承をいま住まう私達が担ういいまちです。

神輿洗神事7(住吉大社へ)

62927642.jpg
ddbb4ab6.jpg
0b35211b.jpg
32573a8b.jpg
ad95e681.jpg
地域の担ぎ手によってお神輿が住吉大社へ戻されます。

神輿洗神事6(住吉踊り)

f7b57df8.jpg
00bbf4f6.jpg
a58a460f.jpg
2d02f032.jpg
7953197e.jpg
46ddc0ff.jpg
09fbda8c.jpg
住吉踊り奉納。

神輿洗神事5(玉串奉納)

f2310bcf.jpg
764050d9.jpg
a04233e8.jpg
63e8bbc5.jpg
088d7057.jpg
ご奉仕の各代表者から玉串奉納。

神輿洗神事4(お神楽)

55f88f6c.jpg
fa21a09b.jpg
60727907.jpg
08aae941.jpg
727e03c0.jpg
お神楽奉納。

神輿洗神事3(神輿洗い)

4dfffb30.jpg
936c03e6.jpg
5503877b.jpg
902cacd9.jpg
神輿洗いの儀。

神輿洗神事2(住吉公園へ)

3ed5fc55.jpg
2dae7137.jpg
369d184f.jpg
d01f2b71.jpg
3d81c42a.jpg
61ae486a.jpg
45f3e3b8.jpg
6ac21a33.jpg
86b62b8e.jpg
お神輿が住吉大社から住吉公園の祭壇に運ばれました。

神輿洗神事1(住吉大社)

14cccd10.jpg
a8b286f4.jpg
海の日の昨日、住吉大社の神輿洗神事にお招きをいただき参拝してきました。住吉公園の祭壇で。

住吉祭の8月1日、堺市宿院への神輿渡御が行われます。その神輿をお清めする神事が神輿洗神事です。

神輿を祓い清める神聖な海水は、午前中、大阪住吉漁業協同組合のご協力による「汐汲舟」で汲み上げたものです。

淀川区教育講演会2(情報編集力)

1101d8a4.jpg 藤原和博さんのホームページはこちら( http://www.yononaka.net/ )。

 この日は、21世紀の子供達の最も重要な「生きるチカラ」は「情報編集力」というのが主題。

 ただし、藤原さんもおっしゃっておられたとおり、「編集力」は年代が上がるにつれて必要になるが、小さい頃はいわゆる基礎学力を身に着けなければなりません。講演の内容を契機に、我が国の子供達、特にネット社会に生きる子供達の教育についてモノ申していきたいと思います。
カテゴリ別アーカイブ