0c29546b.jpg 「市民の代表 対 役所の代表」の最終決戦に敗れました。

 この度の高槻市長選挙で吉田康人にご投票くださったみまさまへ厚く御礼申しあげますとともに、そのご期待に沿えなかったことを深くお詫び申しあげます。

 みんなの党を初め、高槻青年会議所シニアクラブ、槻友会(高槻中・高等学校同窓会)高槻・島本支部など、ご推薦名義をくださった組織・団体・個人各位へも厚く御礼申しあげます。

 そして、ご支援者のみなさん、ボランティア・スタッフとしてご実働くださったみなさん、御礼とお詫びの気持ちでいっぱいです。筆舌に尽くしがたい思いがございます。

 敗戦はいたしましたが、私達がめざしたもの「政治家や市役所のためではなく、市民のための新しい高槻をつくる。」は正しかった。目標や理念だけでなく政策、マニフェスト、広報活動、ボランティア・スタッフの組織力やひとりひとりの能力など、どれを取っても、私達のほうが勝っていたと思います。しかし、結果がすべてです。これが選挙です。民意が示されたと受けとめるべきと、残念ながら、考えます。

 生涯最高の選挙ができました。みなさまのお陰です。改めて御礼申しあげます。ありがとうございました。

 今回、再び立ちあがった際、同時に、「一生、政治・行政の分野で世界と日本の発展に貢献しよう」と決意しました。その思いは敗戦直後の今も決してブレておりません。自らの生活を立てなおすことから始めて、政治・行政を勉強しなおして、チャンスが来るのを待ちたいと思います。

 みなさまがたから賜ったご尽力を必ず活かすことができるよう命懸けで精進しつづけます。引きつづき、よろしくご支援、ご指導のほどお願い申しあげます。

 「やすとログ」も間もなく、明るく元気に、再開させます(^^)/。暫くは、みなさまと吉田康人とをつなぐ数少ない窓口の一つとなるでしょう。よろしくご愛顧のほどお願い申しあげます。

 ありがとうございました。