もうひとつの天王山7(酒解神社へ)

酒解は「さかとけ」と読みます。本殿に祀られる相殿神・素戔嗚尊の別名は「牛頭天王」。天王山の名はここから来ています。

この神社の神輿庫は、非常に珍しい板倉形式で、現存する最古の同形式、登録有形文化財です。

#吉田康人 #和泉市 #地域福祉 #地域防災 #地方分権 #都市内分権 #経済再生 #内需拡大 #ZUMA(ズーマ) #HoneyGOLD(ハニーゴールド) #フジバカマ #アサギマダラ

IMG_2232
FullSizeRender
IMG_2236
IMG_2237

もうひとつの天王山6(十七烈士之墓へ)

江戸時代末期、ペリーの黒船来航により、公武合体派(薩摩藩、会津藩)と尊王攘夷派(長州藩)との抗争が続きました。文久3(1863)8月、クーデターが起こり、長州藩を主とする尊王攘夷派は京都を追われました。翌年には、池田屋事件で、多数の長州藩士が新撰組に襲われ亡くなりました。


勢力回復を図った尊王攘夷派は、挙兵し京都市内で市街戦を繰り広げました。これを禁門の変と言います。御所内へ一時侵入した同派でしたが、薩摩藩が援軍に駆けつけると形勢が逆転、敗退しました。


久坂玄瑞らの自害後、敗残兵をまとめ大山崎へ引き上げた元久留米藩士で水天宮宮司の真木和泉守保臣は、兵を国許へ帰還させました。真木とこれに付き従った16名とは、天王山中で郡山藩、新撰組と一戦を交えた後、爆死を遂げたと言われています。


この戦いを契機に時代は大きく動きました。慶応2(1866)、坂本竜馬の斡旋により薩長同盟が成立、慶応4(1866)には、大政奉還となります。真木らの遺体は当初、宝積寺三重塔前の地に埋められました(前述)。しかし、参拝者が多いのを見かねた幕府の手により竹林へ埋め移されました。明治時代になり、真木らの行動は改めて見直され、彼らを顕彰するため十七烈士の墓所が現在の位置に整備されたのです。


#吉田康人 #和泉市 #地域福祉 #地域防災 #地方分権 #都市内分権 #経済再生 #内需拡大 #ZUMA(ズーマ) #HoneyGOLD(ハニーゴールド) #フジバカマ #アサギマダラ

IMG_2221
FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_2226
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

もうひとつの天王山5(旗立松へ)

青木葉台展望台からさらに登ると旗立松およびその展望台。

備中(岡山県)において毛利方を陥落寸前にまで追い詰めていた豊臣秀吉は、本能寺の変の翌日、天正10年(1582年)6月3日夜、織田信長の悲報を聞きました。

秀吉は直ちに、明智光秀との戦いを決断、夜明けまでには、毛利方との和睦を成り立たせました。6日昼過ぎには秀吉軍は山陽道を東へ向かいました。これを「中国大返し」と言います。

光秀の誤算は、秀吉の余りにも早い決断と行動、そして、経済・技術改革を実行した信長の人望の厚さでした。

天下分け目の天王山の戦い(山崎の合戦)の火蓋が切って落とされたのは6月13日の夕刻。秀吉は天王山に駆け登り、味方の士気を高めるため、この松の樹上高く軍旗「千成りひょうたん」を掲げたのです。

展望台からは山崎の古戦場が確認できます。

#吉田康人 #和泉市 #地域福祉 #地域防災 #地方分権 #都市内分権 #経済再生 #内需拡大 #ZUMA(ズーマ) #HoneyGOLD(ハニーゴールド) #フジバカマ #アサギマダラ

IMG_2206
IMG_2207
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_2218
FullSizeRender
FullSizeRender


もうひとつの天王山4(青木葉台展望広場へ)

少しわかり難いのですが、宝積寺の脇を抜けると天王山山頂へ向かう山道となります。

木津川、宇治川、桂川の合流点を眼下に臨む青木葉台展望広場も「乙訓景観十景」のひとつです。

#吉田康人 #和泉市 #地域福祉 #地域防災 #地方分権 #都市内分権 #経済再生 #内需拡大 #ZUMA(ズーマ) #HoneyGOLD(ハニーゴールド) #フジバカマ #アサギマダラ

IMG_2192
FullSizeRender
IMG_2196
FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_2200
FullSizeRender
IMG_2202
IMG_2203
FullSizeRender

もうひとつの天王山3(宝積寺)

山道への入口に建つ宝積寺。一般には「宝寺」とも呼ばれています。現存の寺院では大山崎町最古の歴史を誇ります。

奈良時代、聖武天皇の勅願により行基が開山。ご本尊は十一面観世音菩薩さま。大黒天さまも祀られています。三重の塔は、山崎合戦の後、豊臣秀吉が一夜で建立したとされています。

「乙訓景観十景」にも選ばれています。

「十七烈士の墓」(後述)も当初は宝積寺の境内にありました。

#吉田康人 #和泉市 #地域福祉 #地域防災 #地方分権 #都市内分権 #経済再生 #内需拡大 #ZUMA(ズーマ) #HoneyGOLD(ハニーゴールド) #フジバカマ #アサギマダラ

IMG_2177
FullSizeRender
IMG_2181
IMG_2182
IMG_2183
IMG_2184
IMG_2185
IMG_2186
IMG_2188
IMG_2189

もうひとつの天王山 2(天王山登り口) 

JR山崎駅東側踏切を渡り天王山への登山を開始。

摂津国と山城国との境にある天王山を擁する大山崎は古来、西国と東国とを結ぶ軍事・交通上の要衝として重要な役割を果たしてきました。

#吉田康人 #和泉市 #地域福祉 #地域防災 #地方分権 #都市内分権 #経済再生 #内需拡大 #ZUMA(ズーマ) #HoneyGOLD(ハニーゴールド) #フジバカマ #アサギマダラ

FullSizeRender
IMG_2172
IMG_2173
FullSizeRender
IMG_2190
IMG_2191

もうひとつの天王山1(大山崎界隈)

人生の節目で訪れたい場所があります。

退職後しばらくして、天王山に登りました。近隣にある素晴らしい文化・歴史財産。「来よう、来よう」とは思っていたのですが天王山は50年ぶりです。小学生の時、歴史好きの祖父・勝正一に連れて来てもらって以来です。

JR山崎駅・阪急大山崎駅界隈は、小学校高学年の3年間通っていた塾があった思い出の場所(その塾は今はないようです)。その後、オッサンになってからの飲み会も含め(笑)、数年に一度訪ねました。基本、変わっていません(笑)。

人々がほとんど行き交わない平日の昼間を狙って行きました。残念ながら、大山崎町歴史資料館はお休みでした。

#吉田康人 # 和泉市 #地域福祉 #地域防災 #地方分権 #都市内分権 #経済再生 #内需拡大 #ZUMA(ズーマ) #HoneyGOLD(ハニーゴールド) #フジバカマ #アサギマダラ

FullSizeRender
IMG_2162
IMG_2163
IMG_2164
IMG_2165
IMG_2166
IMG_2167
IMG_2168

引越しもスピーディーに(笑)。明日(月)から常任委員会です

大正区役所で一昨日(金)夜、転出届を出してきました。そして、昨日(土)、和泉市内のアパートに引越し。なかなかスピード感ある展開(笑)。

区役所の親しい仲間と挨拶を交わせました。元気で明るい笑顔を見られて嬉しかった。「大阪市で最後の手続き」と思うと少し寂しくも感じました。

住吉区、大正区、そして、大阪市で学ばせていただいたことを和泉市、和泉市民のために120%活かします。早速、明日(月)から連日開かれる和泉市議会常任委員会( http://www.gijiroku.jp/izumi/main/main1-4.html )へ備えます。

みなさんへの感謝の思いでいっぱいです。ありがとうございます。

#吉田康人 #和泉市 #地域福祉 #地域防災 #地方分権 #都市内分権 #経済再生 #内需拡大 #ZUMA(ズーマ) #HoneyGOLD(ハニーゴールド) #フジバカマ #アサギマダラ

FullSizeRender
IMG_2666



■ご挨拶■

昨日(水)の定例会(第1日)で和泉市議会の同意を得て、辻宏康和泉市長により和泉市副市長に選任されました。

今後、同副市長としての職責をしっかり果たし、毎日の職務に精励する所存です。引き続きよろしくご指導のほどお願い申し上げます。

取り急ぎご報告申し上げます。ありがとうございます。

令和3年7月1日(木)
吉田康人

#吉田康人 #地域福祉 #地域防災 #地方分権 #都市内分権 #経済再生 #内需拡大 #ZUMA(ズーマ) #HoneyGOLD(ハニーゴールド) #フジバカマ #アサギマダラ

FullSizeRender

「あなたの一歩がこども達の一歩になりますように」。「土曜ドラマ ひきこもり先生」

吉田康人のプロフィールに「ドラマー」とあります。演奏者という意味ではありません。「ドラマ好き」ということです(笑)。

連続番組(含:歌番組、バラエティー、ローカル・ニュース)の初回はほとんど見ます。気に入ったものを夜間、休日にガーッと見ています。もちろん、すべて録画です。

いわゆるトレンディー・ドラマには、医師もの、弁護士もの、学園もの、時空もの、・・などまさにトレンドがあって、面白い。

ドラマを見ているとしばしば、人生に突き刺さる台詞、言葉が飛んできます。ごく最近では、「あなたの一歩がこども達の一歩になりますように」、確かこんなフレーズだったと記憶しています。

現在放送中の「土曜ドラマ ひきこもり先生」(NHK総合。土曜日21:00〜)の一場面。全5回中、既に第3回が終わりました。不登校、ひきこもりの課題と真正面から向き合うドラマです。多くの人々の共感を呼べばいいなと思って見ています。

#吉田康人 #地域福祉 #地域防災 #地方分権 #都市内分権 #経済再生 #内需拡大 #ZUMA(ズーマ) #HoneyGOLD(ハニーゴールド) #フジバカマ #アサギマダラ

FullSizeRender

種から育てるのは難しい。マリーゴールドが愛おしく開花

4月8日付「やすとログ」( https://log.yoshidayasuto.jp/archives/5749420.html )でマリーゴールドの発芽をご報告しました。およそ2箇月で、フジバカマの隣で愛おしい花を咲かせてくれました。フジバカマが繁りつつあるプランターだからあんまり大きくは育たないのかなぁ。

草花を種から育てることの難しさを実感しています。全部で100粒以上の種を撒いたと記憶しています。そのうち双葉になったのは1割〜2割。その双葉でさえ気が付いた時にはほとんどなくなっていまして(汗)、最終的に花を付けたのはほんの2株ほど。

一説によると、庭やプランターに普通に撒いただけじゃ種や芽が虫、鳥、ナメクジにほとんど食われてしまうらしいのです。

ライオンではあるまいし崖から突き落とした気分ではありません(笑)。花植えといっても奥が深い。よく勉強してみます。

一方で、ウチの団地の花壇のマリーゴールドは実に旺盛に花を付けています。恐らく、苗から植え育てられたものと思います。綺麗です。自治会役員各位へ深謝。

IMG_2525
IMG_2528
IMG_2551
IMG_2552
IMG_2554


卒業論文【「互助・共助」「公助」で「自助」をサポートする地域防災】

63日付のFacebookTwitterとで、「自助」を基本とする地域防災について述べました。少し掘り下げたいと思います。


地域防災の「方向性」を打ち出しても、掛け声だけでは住民の理解を得られませんし組織を動かすこともできません。「行政マネジメント」のレベルにまで落とし込むにはハードルを幾つも越えなければなりません。


私が担当した大阪市大正区の場合は、平成30年の台風21号で被災したのを受け、地元選出の議員各位を中心に「しっかり検証して今後へ備えるべき」との声が上がりました。以後2年にわたり、大阪市会、あるいは、区政会議(住民代表による協議の場)や区防災会議(関係機関・各地域(小学校区)災害対策本部長による協議の場)で議論。最終、平成31226()の区政会議で「検証」報告を取りまとめました。


この「検証」の特長は、「自助」「互助・共助」「公助」の観点から、「情報発信」「連絡体制」「備蓄」「訓練」・・といったテーマごとに「短期的」・「長期的」課題を順に取りまとめた点ですhttps://www.city.osaka.lg.jp/taisho/cmsfiles/contents/0000464/464995/07taifu21gokensyo.pdf 参照)


地域防災における「自助」を、要するに(・・という割には長いが())、次のとおり意義付けました。担当課長(当時)を中心に作成、執筆してもらったものですが、住民代表、専門家、関係機関、自主防災組織、そして、吉田康人の意を汲んで上手くまとめてくれています。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<「自助ガイドライン中『なぜ自助なのか』」(令和292())より>


地震、風水害、津波などの自然災害が発生すると、道路や電気・ガス・水道などのライフラインの寸断、同時多発する火災などへの対応のため、発災直後の公的な防災関係 機関の活動は著しく制限されます。


実際、平成7年に発生した阪神・淡路大震災の被災地では、家屋の倒壊による生き埋めや建物に閉じ込められた人のうち、約 67%の方が自力または家族に救助されたとの 調査結果があります。救助隊に救助された方は、1.7%に過ぎません。


このように、発災直後の人命救助・初期消火活動など初動段階においては、「公助」 を頼ることはできず、自分自身で何とかしなくては、災害を乗り切ることは非常に困難 です。自分自身や家族で何とかすること、これを自助と言います。


「自助」にも、色々な活動がありますが、基本は、「自分(家族)の命は自分(家族) で守る」ということです。もちろん、災害が発生してから、自分で何とかしようとしても、そう簡単に何とかできるものではありませんので、平常時から準備を行うことが大切になります。


大正区役所では、台風 21 号の検証を通じ、基本は「自助」、「何をどのように、何に備えるのか」であって、その「自助」を「互助・共助」、そして「公助」でどうサポートするかであることが明らかになったと考えており、大正区役所の防災対策については、「自助」を基本とし、「自助」を「互助・共助」、「公助」でどうサポートしていくかという観点で取り組んでいます。


例えば情報発信の項目にも記載していますが、区民自身が必要な情報はみずから収集するという意識を持つという「自助」を、地域の「互助・共助」により意識の浸透を図る、そして、行政機関による「公助」によって自助ガイドラインを作成・周知する、といったことを行うことにより、それぞれの取組みが相互に機能しあい、地域防災力が促進されると考えております。


一人の区民として、一つの家庭として、日頃からの災害に対する備えや災害時の行動を考えていただくうえで、ぜひご一読いただき、ガイドライン(指針)としてご活用いただきますようお願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


そのほか一連の「検証」議論の結果を、事例のひとつとして書き留めておきたいと思います。行政マネジメントとしての次のハードルは、同「ガイドライン」に基づく進捗状況管理、モニタリング、PDCAサイクルだと考えます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■「検証」のプロセス■

<大正区区政会議(平成31226())より>

 

https://www.city.osaka.lg.jp/taisho/cmsfiles/contents/0000464/464995/07taifu21gokensyo.pdf

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■「自助ガイドライン」■

<大正区防災会議(令和292())より>

 

https://www.city.osaka.lg.jp/taisho/cmsfiles/contents/0000516/516393/jijoguideline.pdf

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■「自助」啓発の広報■

<「こんにちは大正」(令和元年8月号)より>

 

https://www.city.osaka.lg.jp/taisho/cmsfiles/contents/0000476/476438/06.pdf

https://www.city.osaka.lg.jp/taisho/cmsfiles/contents/0000476/476438/07.pdf

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


#吉田康人 #地域福祉 #地域防災 #地方分権 #都市内分権 #経済再生 #内需拡大 #ZUMA(ズーマ) #HoneyGOLD(ハニーゴールド) #フジバカマ #アサギマダラ


FullSizeRender


FullSizeRender
FullSizeRender

 

カリフォルニア・ローズも綺麗に咲いています。

6月7日付「やすとログ」( https://log.yoshidayasuto.jp/archives/5755631.html )などでこれまで、フジバカマ、アジサイ、ユリ、マリーゴールド、サルスベリを育てていることをご紹介してきました。

カリフォルニア・ローズ・フィエスタも育てています。今年、新たに買った苗が綺麗な花を咲かせてくれました。この色はスターダストピンクと言うらしい(笑)。

暑いと元気が直ぐなくなるので要注意です(汗)。

このほかにもまだ、がんばって育てている草木があるんですが、それらはまたこんど(笑)。


#吉田康人 #地域福祉 #地域防災 #地方分権 #都市内分権 #経済再生 #内需拡大 #ZUMA(ズーマ) #HoneyGOLD(ハニーゴールド) #フジバカマ #アサギマダラ


FullSizeRender



鼻血出しながら応援します?!。HoneyGOLD(ハニーゴールド)が1st Album発売発表

大正区長時代にお世話になった第11・12代大正区音楽振興大使・HoneyGOLD(ハニーゴールド)( https://www.honey-gold.love/ )。インディーズ・バンドにとっても厳しいコロナ禍にあって、夢と希望を輝かせ精力的に活動しておられます。

そのハニゴがこの度、ファースト・アルバム「金の蜂蜜の在処は此処だ!!」の発売を発表。全曲を視聴できるトレーラー・ムービーもYouTubeにアップされました( https://youtu.be/3ub8noLYPsE )。

アルバムの発売日でもありそのワンマン・ライブの開催日でもある8月8日(日)は、吉田康人の誕生日です。もう、鼻血出そう(笑)。

IMG_2555


卒業写真【大正区編75〜106】

卒業写真【大正区編75〜106】をインスタグラムにアップしました。

アカウントは「 yoshidayasuto0808 」です。

#吉田康人 #地域福祉 #地域防災 #地方分権 #都市内分権 #経済再生 #内需拡大 #ZUMA(ズーマ) #HoneyGOLD(ハニーゴールド) #フジバカマ #アサギマダラ

卒業論文【引きこもり・ニート・不登校対策も待ったなし。仕切り直したらスタート・ダッシュ】(続・子ども・若者育成支援)

528日付のFacebookTwitterとで、「子ども・若者育成支援推進法」に関わる経緯や最近の動向について述べました。少し掘り下げたいと思います。

 

先日述べたことは省略しますが、いずれにしても()、地方公共団体ごとにスタートダッシュをかけていただきたいと願います。

 

先進的な地方公共団体は問題ありませんが、キャッチアップの際に参考になりそうなことを書き留めいたします。特に、「(いわゆる「三層構造」の)地域協議会」、「不登校」との関わり、「総合相談窓口」、予算、事業目的・目標、そして、「地域コミュニティ」との連携の議論は避けられないはずです。

 

もっと整理すればよかったのでしょうが、ネット検索で下記のとおり一部かき集めるのがやっとでした()。お許しください。

 

なお、同法に定める「地域協議会」設置へ向けた平成24年当時のモデル事業については「 https://log.yoshidayasuto.jp/archives/4066667.html 」、支援拠点設置の経緯(ひとつの例。平成26)については「 https://log.yoshidayasuto.jp/archives/4812028.html」、そして、同「協議会」のひな型については「 https://www.city.osaka.lg.jp/sumiyoshi/page/0000289394.html 」をそれぞれご参照ください。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■「代表者会議」の意義■

<「住吉区子ども・若者育成支援地域協議会代表者会議」 (平成2798())より要旨のみ>

 

〇冒頭挨拶

 

昨年のこの代表者会議で、「出現率」から仮に算定した場合、住吉区内で800名ほどの若者が引きこもり、ニートになっている(地域活動協議会ごとでは70人程度)というお話をしました。ご本人やご家族の苦悩にとどまらず、社会全体の活力という点からも大きな損失です。高齢者、障がい者、こども、女性などと同様、こうした社会的弱者に対しても優しい区が、区民全体に対しても優しい区であるとの信念を持っています。

 

引きこもり、ニート、不登校について、家庭、家族のありかたに一因があることは間違いないのですが、家庭、家族だけで解決することが、当該ケースだけとらまえても、また、社会全体としても、不可能です。

 

視点を変えて、現時点では対応ができていない小・中学生の状況についてご報告します。住吉区内で小学生38人、中学生165人が不登校になっています。ざっと、小学校だと小学校あたり23人、中学生は1クラスに2人が不登校になっているとの計算になります。学校に行くことだけが正しい出口とは考えていませんが、「学校に行かない、行けない状況」は何とかしてあげないといけない、学校任せにはしておけないと考えています。

 

こうしたこども達は、中学校卒業後、引きこもりやニートなど社会からいわゆるこぼれる、消極的にこぼれる若者になる可能性が極めて高いと言えます。小・中学生の場合、現状をある程度把握できますが、高校以上になると義務教育でないし校区もないことから、行政や地域で把握できていないのが、我が国全体の実情です。

 

住吉区役所としては、24区に率先して始めたこの事業の改善という観点にとどまらず、こども達のニーズ、社会全体のニーズから見て、住吉区役所のこの事業だけでなく区役所のこども関連事業、区内小・中学校教育、そして、大阪市全体のこども・教育行政施策の改革に貢献していきたいと考えています。

 

代表者会議にお集まりいただいているご代表のかたがたには、組織のトップとして、上記のような、組織外の、組織を取り巻く社会の環境や区民のニーズに立って、組織マネジメントを利かせていただきたければ幸いです。

 

現場の担当者では越えられない壁がたくさんあります。悪気はないのですが、仕事を増やしたくないという根本的な気風、組織内でも横のグループに対してモノが言えないという縦割行政の弊害、残念ながら、組織のトップでないと聞く耳を持たないという日本的組織どうしの関係のありかた、組織どうしでも組織トップからなら聞くという文化が残っています。

 

「組織のありかたとしてそれでいいんか?」という課題意識はそれぞれのトップでお持ちだとは思いますが、それはそれで、トップダウンの組織マネジメントも働かせていただきたいと考える次第です。

 

何度も繰り返しお願いすることになると思いますが、組織トップや担当者が交代しても不登校・ニート・引きこもり対策が決して「後退」することがないよう、住吉区役所としても全力を尽くしていきますので、各ご代表におかれてもそれぞれの組織での引継ぎについて、よろしくご協力のほどお願いします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■今後(その後)の展開■

<「子ども・若者育成支援事業フォーラム(平成27年1022())より要旨のみ>

 

〇冒頭挨拶

 

現状を改めて説明しますと、住吉区全体で700800名の若者がひきこもり、ニートの状態。地域活動協議会、つまり、連合町会のエリアで6070名という計算になります。

 

住吉区役所としては、子ども・若者育成支援推進法の趣旨に則り、そうした現状への具体的対応策をこの2年にわたり続けてきました。毎年700万円程度、区単独の予算を投じてきました。ドーナツトークのご尽力により、24区でもっとも先進的な取り組みをできていると確信しています。区内でも知名度やご理解が広がってきたし、この動きが24区に広がりつつあります。

 

来年度よりどうするかについて。

 

就学前児童については全件把握の仕組みが整っています。

 

15歳以上39歳までは子ども・若者育成支援に関わる地域協議会を築きつつあります。相談窓口の気軽さ、相談業務の充実、さらに、縦割りになっている各事業の連携が大きな課題になるはずです。

 

いわゆる不登校問題への対応も強化しなければなりません。不登校が、中学校で160170名、小学校も含めると200名強であるとの報告が上がっています。欠席30日未満、あるいは、病気後不登校も含めると300名程度が学校に行きづらくなっている、すなわち、各地域あたり20名~30名が不登校という計算になります。区役所行政としては、こども教育専門会議、教育行政連絡会議(校長先生との連絡会)と議論しているところです。

 

地域住民のみなさん、ご専門家のみなさんのご支援を今後よろしくお願い申し上げます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■総合窓口■

<「住吉区こども教育専門会議」(平成28年6月28())より抜粋>

 

〇吉田区長

 

(前略)

 

不登校、ニート、ひきこもり対策として住吉区において始めました子ども・若者育成支援事業は、年々バージョンアップを続けておりまして、特に今年度につきましては、総合窓口を設置いたしまして、まだそういうふうには現実はなっておりませんけれども、「不登校、ひきこもり、ニートでお悩みのかたは何でもいいのでここへ電話してください」という気持ちで窓口は設置いたしました。実態が伴うように、この総合受付窓口を皆様がたからのご支援をいただきながら育てていきたいと、このように考えております。 不登校の課題と、この子ども・若者育成支援事業と、もう1つありますのは、要保護児童対策地域協議会とをどういうふうに連携させていくのか、絡めていくのかというのが、私としては具体的な悩みどころです。

 

(後略)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■成果目標値■

<住吉区こども教育専門会議(平成28年6月28())より抜粋>

 

〇田中委員

 

分かりやすく数字を申しあげますと、「広報すみよし」のほうに約800人のひきこもり、不登校の子どもたちがいるという情報を書いていましたので、その800人を ゆくゆくは、言うてみたら、半分の400人に、もっと頑張れば200人に、ゼロというのは多分無理だと思うんですけども、その数字を目標として立てていったらいかがでしょうか。

 

〇吉田区長

 

簡単に言うと、厚生労働省の統計値というか推計値に、出現率という概念があるんですね。日本国民全体をおしなべて見た時にどれぐらいの割合でひきこもり、ニート、不登校が出現するかというその割合なんですけれども、それを、途中の計算は省略いたしますが、住吉区の人口に掛け合わせると大体700人ぐらいにはなるんじゃないかなと、こう思っているんです。全国おしなべての数字ですから、大阪の非常にしんどい状況とか、あるいは、その数値には小学校、中学校の不登校児童は確か入っていなかったように記憶をしていますのでそういう数を含めたりとかすると、私は800人を超えて1,000人近くいるんじゃないかなと想定しています。大体、そういう出現率から割り戻した漠とした数値なんですね。ですから、田中委員がおっしゃった「それを目標値にして」ということを考えると、推計値で出した数字ですからずっとこの数字は変わらないということになるので、もし数字を目標にするとすれば、「実際に数えて何人だ」というその数字を目標値にしないと、推計値からの割り戻しの数字はいつまで経っても変わらないということになってしまいます。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■「目的と手段」、「地域ネットワークの必要性」

<住吉区こども教育専門会議(平成28年6月28())より抜粋>

 

〇吉田区長

 

(前略)

 

それから申しあげたいことの2点目でございますけれども、これもご意見がありましたように、やはり、人が集まって、行政なんかは特にそうなんですけれども、ひとつの目標に向かって歩み始めると、目的として掲げたことが忘れ去られて手段が目的化してしまうんですね。例えば、この課題で言うと、「いわゆる不登校問題に対応していきましょう」というのは、目的と言えば目的なんですけれども、広い意味で言えば手段でもあるわけなんですよ。それが、目的と手段がこう、ぐるぐると回っているうちに、最終的には何だか手段が目的化してしまうということがよくあるので、ここは、やっぱり原点に戻らないといけないと思うんです。今日は、提言書がみなさんの机の上に置かれていないのでこれはちょっと失敗だったかなと思っていまして、みなさんには委員に就任していただくときにもお配りをして読んではいただいているんですけども、原点に帰るという意味から、 もう一度、それをみなさんでお読みいただきたいと思います。失っておられるかたもいらっしゃると思いますからもう1回お送りします。それを思い起こしていただくと、まずは、私たちの原点は、「我々、こんなにいろんな活動を各地域とか各団体でやっているのに、なかなか知ってもらえていないよね」とか、あるいは、「この活動に本当は参加してもらわないといけないんだけど、参加していない人、まだまだいるよね」とか、「どれだけ頑張っても漏れている子っているよな」と。その「既存のネットワークからいわゆる『漏れている』子どもたちを何とかしたいな」というところが原点だったんですよ。だから、中島委員長が先ほどおっしゃったように、もっとネットワークの目を細かくして、ざるをもっと細かいざるにして、ここからこぼれないようにするというのも、1つの方法です。あるいは、いわゆる「漏れている」と言われる子どもたちへのアプローチの方法を変えていくということも、1つの手段だというこを、ずっと、延々2年間議論をしてきたわけですね。そこで、「『漏れている』子ってどんな子なの?」というのを議論しているうちに、井尻さんがおっし ゃったように、いろんなところにいろんな「漏れている」子がいるわけなんですけれども、「全部は救えないので、絞り込んでいかないといけないよな」と、「ここにこういう『漏れている』子がいるから、その子たちにターゲットを当てて救っていきましょう」という議論になりました。みなさまがたのほぼ総意として、いわゆる不登校、「現象としては学校に行けていないことがいい、悪いはちょっとおいておきましょう」。でも、「学校に行けていないというのは事実なので、この子らに焦点を当ててみようや」。ここからが非常に大事なんですけれども、当ててみることで、不登校を解消することだけじゃなくて、不登校の問題の周辺には虐待もあればいじめもあるし、家庭の貧困の問題もある、もちろん、先生の指導力の問題もあって、地域力の課題もある。いろんなことが不登校の周辺にはあるので、まず課題設定として、いわゆる不登校の子どもたちに焦点を当てて、最後に、中島先生が宿題を出されたように、この「不登校の問題にアプローチすることで、私たちが気づきを得て、これを何とかしようと動くことによって、子どもたちの全体の問題を解決することにつながる」というのが、この不登校問題に私たちが取り組む原点からのロジックだったということを、もう一回思い出していただきたいと思うんです。 不登校の中でも、じゃ、全部の不登校の児童・生徒を救えるのか言うと、ここにも「絞り込みが必要だな」という議論もあったと思うんですよ。例えばで言うと、今200人からの不登校児童・生徒のうち「学校に相談していません」と答えている子どもが約半分いるんです。不登校児童・生徒のうち半分が学校と相談していない。不登校児童・生徒のうち3分の1はどことも相談していないんです。区役所とも相談していない。そのほかの子ども機関とも全く相談していない子どもが、不登校児童・生徒のうち3分の1もいます。「これは『漏れている』子ですよね」と。手厚い学校の加護を受けながら、でも、学校に行けていないという子は、行けていないんですけど「漏れているかというと漏れていないよね」と。でも、「誰の相談も受けていない子というのは漏れているんじゃないの」と。ここへ焦点を当てるというのも、これは皆さんでこれからご議論していただいたらと思うんですけれども、私たちのひとつの絞り込みの議論だったと、このように考えております。 不登校、ひきこもり、ニートの総合受付のことを先ほど説明いたしましたけれどもああいうような形で、特に専門的にこの問題を取り扱っている役所をはじめ機関が協議会をつくって様々な団体がそこで情報交換をして、不登校になっているケースがその協議会で取り扱われた時にはそこにかかわっている専門家集団がいろんな解決策を出し合って解決していくということは、行政として、何年かかかると思いますけれども、具体的にやっていくということの、今日は説明の入り口だっ たと思うんです。要保護児童対策地域協議会にかかわっておられるかたもこの中にいらっしゃると思いますけれども、それと同じように、ひきこもり・ニート・不登校対策の地域協議会をしっかりつくりましょう。ここで取り扱う不登校の児童・生徒については専門的なスキルを発揮して解決をしていくことは、具体的にやり始めたいと思います。ところが、「ネットワークが弱い」というお話がありましたように、まだまだそれでは弱いんですよ。なぜかと言うと、それらは待ち受け型なんです。「そこに来たら解決しますよ」という協議会でしかないということがあります。それから、待ち受け型ですから、そこへ来ない子どものケースは「漏れる」ことになるわけであって、そういうもの(協議会)をつくってもネットワークとしてはまだまだ弱いので、そこで、地域の代表のみなさまがたには、何かというところが私にも分からないんですけれども何かしていただいて、この「行政がつくろうとしているその専門家集団による解決の協議会と何らかの形で関わっていただいて、力強く子どもたちを支えるようなネットワークづくりに手を貸していただきたい」というのが私たちの願いです。中島先生から宿題が出ましたので、是非、その宿題に答えていっていただく形で、このネットワークから「漏れている」子を何とかしたいという悩みの一助となるようなアイディアを出していただき、そして、「よし、これだ」「これで行こう」というものが見つかりましたら、みんなで一致団結して、全ては救えないです、全ては救えないですけれども、確実に何名か救えるその方策へ向けて、ともに取り組ませていただきたいと、このように考えている次第です。

 

(後略

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

#吉田康人 #地域福祉 #地域防災 #地方分権 #都市内分権 #経済再生 #内需拡大 #ZUMA(ズーマ) #HoneyGOLD(ハニーゴールド) #フジバカマ #アサギマダラ


FullSizeRender





ユリも立派に咲きました。アジサイもますます盛んに

閉園と今はなった大阪舞洲ゆり園(此花区)から買って帰りその後もせっせと育てているユリ。大きく美しい花を今年も咲かせてくれました。

5月26日付「やすとログ」( https://log.yoshidayasuto.jp/archives/5754134.html )でご報告したアジサイも順調です。


#吉田康人 #地域福祉 #地域防災 #地方分権 #都市内分権 #経済再生 #内需拡大 #ZUMA(ズーマ) #HoneyGOLD(ハニーゴールド) #フジバカマ #アサギマダラ

IMG_2477
FullSizeRender
IMG_2475
IMG_2476
IMG_2479
FullSizeRender
FullSizeRender

大正駅前にオープン!。「ご縁や いづも」

大正区の地域活動でお世話になった「なかじ」が今月1日(火)オープンさせたお店にお邪魔してきました。

立呑み「ご縁や いづも」。JR・大阪メトロ大正駅から徒歩20秒、シティバス乗り場沿い、ラパンの隣です。コロナ対策でお酒は飲めません。お昼の海鮮丼定食(400円)をいただきました。

味も量も充分満足のネタは、女性でも頬ばりやすいひと口サイズ。トッピングのネギとミョウガは、シャキシャキ食感でランチ向きです。

「なかじ」と板前の「しんちゃん」とでツーショット。「しんちゃん」が島根出身ということで、島根県がポスターをお祝いに送ってくださったとのこと。

みなさんのお越しをお待ちしています!。

#吉田康人 #地域福祉 #地域防災 #地方分権 #都市内分権 #経済再生 #内需拡大 #ZUMA(ズーマ) #HoneyGOLD(ハニーゴールド) #フジバカマ #アサギマダラ

FullSizeRender
IMG_2496
FullSizeRender
IMG_2498
IMG_2499
FullSizeRender
FullSizeRender

卒業写真【大正区編63〜74】


卒業写真【大正区編63〜74】をインスタグラムにアップしました。

アカウントは「 yoshidayasuto0808 」です。

#吉田康人 #地域福祉 #地域防災 #地方分権 #都市内分権 #経済再生 #内需拡大 #ZUMA(ズーマ) #HoneyGOLD(ハニーゴールド) #フジバカマ #アサギマダラ

我が家でも咲き始めました。アジサイの季節です

庭に直植えのアジサイ。ご近所からいただいたものです。「紫陽花」とは書きますが、土質により花の色が変わるんですね。

直植えですから、周囲の草引き以外、それほどの世話はしていません。

この1年がんばったこと。冬は、葉っぱまで落ちちゃって丸裸の細い枝だけになってしまいましたので、祈るような気持ちでいたこと(笑)。

そして、買ってきた土を根元に盛りました。レンガで囲ってあります。その土が流れ出すことはありません。栽培上の必要性はわかりません。何となく気持ちで(笑)。

今のところ、花の色は昨年と少し違うよう。どんな色へ変わるか楽しみです。

昨年の模様は、2020年6月15日付「やすとログ」( https://log.yoshidayasuto.jp/archives/5709976.html )参照。

#吉田康人 #地域福祉 #地域防災 #地方分権 #都市内分権 #経済再生 #内需拡大 #ZUMA(ズーマ) #HoneyGOLD(ハニーゴールド) #フジバカマ #アサギマダラ

IMG_2427
IMG_2426
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ