d4a989c5.jpg 前のログで予告させていただきましたとおり、吉田康人の高槻市長選挙出馬表明記者発表(記者会見)(10月1日(金))の内容を順次ご報告していきます。

 発表会見では、記者のかたがたへ御礼を申しあげ、配付資料確認の後、まず、ご同席くださいました寝屋川市議会議員・南部創さんのご紹介をいたしました。南部さんは同志のグループである「関西若手地方議員決起の会」代表幹事でもいらっしゃいます。

 実際は発表会見の後半の部分で行ったのですが、記者のかたがたへは「関西若手地方議員決起の会」を次のようにご説明しました。

 「関西若手地方議員決起の会」は平成14年に結成された関西の若手地方議員を中心とする超党派の政治グループです。「地方議員経験のある政治家を地方自治体首長や国会議員へ送りこんでいくこと」を主要な目的としています。現職議員40名ほどが在籍。高石市長・阪口しんろく氏、島本町長・川口ひろし氏、和泉市長・辻ひろみち氏、衆議院議員・森山ひろゆき氏もメンバーです。

 ああ、市役所陣営の諸君へ。

 上述した首長や議員へプレッシャーをお掛けにならぬよう(笑)。「決起の会」は統一して選挙運動する集団ではありません。同会メンバーだからといって、高槻市長選挙で吉田康人を応援することが決まっているわけでもありませんし強制もありません。みんなの党以外の政党に所属したり政党から応援してもらっている政治家も多数在籍しています。そういう会の成りたちですからプレッシャー自体、無意味な行為ですし時間の無駄です(笑)。