2011年11月

萩は6度目1(21番線)

4ea33a99.jpg 先週は、徳島に続いて、萩へも日帰り出張。萩はこれで6度目です。これからは冬の萩を楽しむことになります。

 新幹線・新大阪駅21番線(^^)/~~~。

「バレンタインデー」

5beab6e2.jpg これも「ショーン・オブ・ザ・デット」を薦めてくれた女性からのご紹介。ちょっと時季的には早いけど(笑)テーマは普遍的です。米国映画「バレンタインデー」(2010年。ゲイリー・マーシャル監督)をレンタルで観ました。

 ジュリア・ロバーツ、ジェイミー・フォックスほかそうそうたるキャストで贈るアンサンブル・ラブ・ストーリーです。バレンタインデーを迎えたロサンゼルスの空の下で、年齢も職業も異なる男女15人の様々な恋愛模様とその行方が描かれています。

 結婚50年を過ぎても変わらぬ愛を誓い合う夫婦は、よりによってこの日、妻が夫へ重大な告白をしバレンタインの夜を別々に過ごすことになってしまいます。その後のふたりの会話のシーンが素晴らしい。

 妻「愛とは相手を丸ごと愛すこと」
 夫「今ならわかる」
 妻「ごめんね。でも、お願い、すべてを愛して。いいとこだけじゃなく、イヤなところも、悪いところも」
 夫「わかってる。ずっと一緒だ」

 「あばたもエクボ」という言葉があります。そうじゃなくて、「あばたをあばた」として愛する者どうしが一緒に暮らすのが幸せな結婚。ひと組でも多く、そんな想いの強いカップルが誕生することを願います。結婚おめでとう!。

次男と三男の誕生会は串カツで3(串たい焼き)

7aa3c555.jpg
aa70063f.jpg
 牛肉、豚肉、鶏肉、野菜、魚介類、チーズ、または、その組み合わせ、さらには、たこ焼き、たい焼きなど揚げるネタが豊富です。サラダ、ご飯、お味噌汁、カレー、そして、豊富なデザート、チョコレート・ファウンテンやソフトクリーム・・。

 自分で選んで、自分で揚げて、自分で盛って、自分で食べて、(お勘定は親だけど(笑)、)勝ち誇ったような子供達の微笑みがまた愛おしい(笑)。楽しいひとときでした。

次男と三男の誕生会は串カツで2

03bf238c.jpg
cc6ebed8.jpg
8688ba8c.jpg
 バイキングであることとともに、自らの手で揚げられるという点が特に子供には受けています。

 メリケン粉に浸した後、パン粉をまぶし、テーブルの真ん中に埋め込まれたフライヤーで揚げます。パン粉を万遍なくまぶすのは難しく、また、揚げ具合も一様にはなりません。だから、面白い(笑)。

次男と三男の誕生会は串カツで1(串家物語)

a1eb9265.jpg次男(予備校生)、三男(高校1年生)はともに11月生まれ。家族で先週末、二人の誕生会を兼ねた会食をしました。長男(大学2年生)は欠席。串カツ・バイキング(食べ放題)の「神楽食堂 串家物語 アルプラザ高槻店」で。

「ショーン・オブ・ザ・デッド」

40613e9e.jpg この映画はご結婚を間近に控えた女性からお薦めをいただいたものです。英国映画「ショーン・オブ・ザ・デッド」(2004年。エドガー・ライト監督)をレンタルで観ました。

 ロンドンに暮らすショーン(サイモン・ペグ)。いい歳をして、人生の目標や目的を持たぬまま、仲間たちとパブに入り浸るばかりの冴えない毎日を送っていました。長年の恋人リズ(ケイト・アシュフォード)もついに愛想を尽かしてしまいます。ショーンが恋人のことで頭がいっぱいになっている間に、街に溢れたゾンビが人間を次々と襲っていきます。

 ゾンビ映画の金字塔「ソンビ」のパロディらしいのですが吉田康人はホラー映画は基本的に観ない主義なのでもちろん「ゾンビ」も知りません。因みに、「ゾンビ」の原題は「ドーン・オブ・ザ・デッド」とのこと(笑)。エンディングの落ちには笑えます。残虐シーンに過ぎるのでお子様には見せないうようにお願いします。

徳島も5度目8(麺王)

53c67db6.jpg
2dfeb00e.jpg
e09295fe.jpg
 「やすとログ」ではお馴染みとなったJR徳島駅前の「麺王」(8月22日付( http://log.yoshidayasuto.jp/archives/3490582.html )・11月3日付( http://log.yoshidayasuto.jp/archives/3648901.html )「やすとログ」参照)。高速バスで梅田へ向かう前のささやかな(笑)楽しみです。

 今までは普通の「徳島ラーメン」だったんだけど今回は「チャーシューメン」をいただきました。チャーシューは確かにおいしかったのですが、チャーシューなくてもこのスープと麺とがあればぜんぜん大丈夫。独特のコクが何とも言えません。

 満腹・満足感はバスの終着、梅田三番街まで持続しました(笑)。

徳島も5度目7(板野の夕陽)

028008f5.jpg お仕事が終わり再びJR板野駅に立ちました。帰りはここから徳島駅へ移動です。

 板野の夕陽です。

徳島も5度目6(ミンチカツ)

eb5b3764.jpg
18becf0e.jpg
 当てにしていたラーメンを残念ながら食べられなかったためトボトボと隣のスーパー「マルナカ」大寺店へ。店内で買ったものを食べたり飲んだりできるフリースペースが店舗の隅にあるのを押さえてあったんですよ。

 大好きなミンチカツ(メンチカツ。関西では「ミンチカツ」と呼ぶのが主流)のお弁当をいただきました。スーツをバッチリ着込んだ男性がここでお弁当を食べているのは違和感があったんじゃないかな?(笑)。

徳島も5度目5(那東お休み)

006d151b.jpg 「やすとログ」ではお馴染みのJR板野駅前、徳島ラーメンの支那そば「那東」(8月1日付( http://log.yoshidayasuto.jp/archives/3440455.html )・9月29日付( http://log.yoshidayasuto.jp/archives/3574835.html )「やすとログ」参照)。  お休みでした(泣)。  「定休日か?」と思いタクシーの運転手さんに聞いたら「いや、おっかしいなぁ。きのうも休んどったなぁ」と。  心配です。
続きを読む

徳島も5度目4(板野駅)

8a9745d3.jpg
9bf6e45a.jpg
e5583262.jpg
JR板野駅到着。

徳島も5度目3(うずしお号)

dac47237.jpg
cc4338e1.jpg
94cbb4cd.jpg
 JR快速マリンライナーで瀬戸大橋を渡り高松駅に到着。ここから板野駅までは特急うずしお号です。

 うずしおは電車ではなく気動車です。

徳島も5度目2(桃太郎)

324093d2.jpg
c18ee457.jpg
1c9b8fef.jpg
0bb5923e.jpg
 JR岡山駅で新幹線から在来線・快速マリンライナー(岡山駅→高松駅)へ乗り継ぎ。今日の写真は少しアップで。

 「香川=岡山 桃太郎ネットワーク」?。高松に鬼がいるということなんだろうか?(笑)。

徳島も5度目1(21番線)

e34fcd1a.jpg 今週は既に、徳島と山口への出張(双方とも日帰り)を済ませました。徳島も今年夏以来これで5度目の訪問となります。もちろんお仕事ですよ(笑)。

 例のごとく、新幹線・新大阪駅21番線からのスタートです。

林英臣政経塾「国是部会」3(林先生特注)

329104cc.jpg 最近、林英臣政経塾に対するプレッシャーもきつくなってきたので(笑)出席者や討議内容は容易にはわからないようにしておきますが、この日は主に、林先生のご指導のもと、林塾が掲げるビジョンをいかに有機的に、わかりやすく、そして、より多くの同志を巻き込める形へ綜合するかということに時間を費やしました。吉田康人が担当している「地方政策」については来春までの具体的計画がまとまりました。

 林塾のみなさん、ご協力をよろしくお願い申し上げます<(_ _)>。

 写真は林先生特注の陶器。ひとつひとつのコーヒー・カップそれぞれに、明治維新の志士をイメージするしるしが刻まれています。吉田康人が手にしたカップには勝海舟のしるし。畏まって、コーヒーをいただきました。

林英臣政経塾「国是部会」2(綜學社)

c568d61b.jpg 綜學社に到着。林先生と林英臣政経塾の京都での拠点のひとつとなります。

 一見質素な建物ですが、一般の家の門にあたる引き戸と玄関との間にはわずかなスペースがあってこれが縁側に接しています。縁側からお客さまをちゃんとお迎えしお見送りできる構えになっています。

 京都にはこういう造りのお屋敷がまだまだ残っています。林英臣政経塾には打ってつけの拠点です。

林英臣政経塾「国是部会」1(七条大橋)

17bf96e3.jpg 吉田康人は林英臣政経塾( http://www.hayashi-hideomi.com/seikeijuku/ )では「国是部会」に所属していて「地方政策担当官」を拝命しています。「国是」とはこの国が目指す方向性です。

 先週末の日曜日、林英臣塾長を囲んでの部会協議が行われました。一般社団法人綜學社(京都市東山区)で。

 吉田康人はJR京都駅から徒歩で向かいました。写真は七条大橋から鴨川を眺めたところ。

新しいパソコンへの切り替え

628d1d37.jpg これまで、事務所・自宅用のパソコンは寄付していただいたり、中古を譲っていただいたり、組み立てていただいたり、あるいは、セットアップしていただいたりと何らかの形で、親友の竹田さんにお世話になってきました。今回、この10年では初めてパソコンを自力で購入して自力で設置しました。しかも、Windows XPから一気にWindows 7へ。Windows 7は、オッサンに言わせれば、より高度化していて切り替え作業とともにこちらの頭の「切り替え」も大変です。

 ・・そんなわけで、昨日から四苦八苦している(汗)パソコンの切り替え作業(含:データの移し替え)、先が漸く見えてきました。明日がまた出張なので本日残りの時間で溜まった仕事を何とか挽回せねば。トホホ・・。

駅に立つはたなか光成3(国家的課題)

93b8f187.jpg
df0e7d86.jpg
35ba6787.jpg
 はたなかさんがマイクを握り語りかけます。「今は官僚組織の温存や党内融和を優先するのではなく、国家危機から脱することを最優先すべき時期なのです」(「みんなの党新聞」Vol.4(みんなの党兵庫県第7区支部)より)。

 はたなかさんはまた、野田佳彦首相と同じ松下政経塾の卒塾生(野田首相は第1期、はたなかさんは第20期)。「時代の流れは早まっており、各党に散らばっている松下政経塾出身者や理念を近しくする若手政治家は、国家的課題を解決するために、そう遠くない将来、政界再編へ結集すべき」(同)ときっぱり。

 是非、国是最優先の代議士として国会で活躍していただきたい。がんばれぇ!。

駅に立つはたなか光成2(朝立ち)

67370bf8.jpg
9c6f03a0.jpg
2e768382.jpg
 朝の通勤・通学時における政治家の演説、政策チラシ配布、挨拶などの駅頭活動を通称「朝立ち」と言います。

 みんなの党公認で次期衆議院議員選挙(兵庫県第7選挙区:西宮市、芦屋市)へ出馬予定のはたなか光成さん( http://hatanaka.cdx.jp/ )(9月25日付「やすとログ」( http://log.yoshidayasuto.jp/archives/3563240.html )もご参照ください)の「朝立ち」のお手伝いです。

 はたなかさんは林英臣政経塾( http://www.hayashi-hideomi.com/seikeijuku/ )の同志。塾士仲間とともに応援に駆け付けました。
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ