大阪市行政においても、年度単位、事業・業務単位のPDCAが漸く行われるようになってきました。

一方で、長期的視点での区政運営(区役所行政+住民自治)のありかたに対する「検証」の仕組みは、 まだ確立されていません。

住吉区役所を離れた時と同様、今回も、「卒業論文」のひとつとして「区政検証」を遺しました。

仕事の傍ら、短期間で策定作業を行いましたのでまさに、大学生レベルです(笑)。ただ、PDCAについての多様な観点を盛り込んだつもりです。

区役所スタッフのみなさんにご協力いただき、大正区区政会議委員各位にご議論いただき、そして、大正区役所ホームページで公表いただいています( https://www.city.osaka.lg.jp/taisho/page/0000529776.html )。ありがとうございます。

FullSizeRender